HDクラッシュ・データ消失危険回避用の映画の適当感想、 雑文、小説等々の置き場です。
 
2017/11/27 21:38:00|その他 
更新情報 12/12
カテゴリー「映画の雑文」に「混迷タイトル『ガーディアンズ』」アップしました。ロシア版が「ザ・ガーディアンズ」、アメリカ版が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。カナダのテレビ局が製作したドラマがやはり「ザ・ガーディアンズ」、イギリスの有名な新聞が「ガーディアンThe Guardian」、わけがわからなくなるとは、このことです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=181061

カテゴリー「映画の雑文」に「ラスボスが・・・『ヴァン・ヘルシング』」アップしました。「ニューヨークの恋人」「X-MEN」のヒュー・ジャックマンが主人公のアクション・ホラー映画ですが、クライマックスの呆気なさ、適当さには唖然呆然。CGはなかなかの迫力だけにもったいなーい。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180836

カテゴリー「日進市からの戯言」にIAさんからの「そら豆通信VOL.26」アップしました。エンディングノートの話が出てきます。20年ほど前、父が突然亡くなったときのドタバタを思い出すと、必要なものであることは間違いありません。しかし、そういうものを「今」書きたくないという気持ちも心のどこかにあって、複雑な心境です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180611

カテゴリー「知多随想録」にKSさんからの「知多の日々気まぐれ日記:2017年11月」アップしました。いよいよ今年も最終月。一人暮らしのKSさんも、さすがに年末年始は家族と一緒に暮らすと思うのですが、さて?
(ところで、埼玉の奥様はKSさんのこの日記読んでくれているのでしょうか?)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180572

カテゴリー「映画の雑文」に「B級映画の巨匠作品『ゼイリブ』」アップしました。B級映画の巨匠ジョン・カーペンター監督の作品で、お得意の侵略テーマSFです。B級映画なので予算の関係からかスケール感がないのはちょっと残念ですが、アクションあり、お笑いあり、一瞬ですがおまけのヌードもあって十分暇潰しにはなります。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180464

「見当ハズレの山尾議員バッシング」
 アニマルボイスに書いたものの再録です。大きな問題を下世話な倫理の問題にすり替えて叩くというのは沖縄密約問題以来の権力者の常套手段ですな。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180362

「タバコ増税の方向転換?」
 今までタバコ増税の根拠としての錦の御旗は「健康」。ところが、今回の値上げ論には「健康」の言葉が全く出てきません。実は、政府・役人にとって「健康」なんてものはどうでもよく、金をとれるところからとろうというだけのことです。方向転換というよりも、ついに「本音」が出たということです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180325

カテゴリー「映画の雑文」に「ラストシーンに感服『父と暮らせば』」アップしました。山田洋次監督が同じ井上ひさし原案の「母と暮らせば」を撮るときまちがいなく意識した作品。もともと舞台脚本だったイメージをあまり壊さないように話は進んでいきますが、あっと驚くラストの映画そのものとも言えるシーンには本当に感服・感動しました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180231

カテゴリー「映画の雑文」に「脱皮できないキムタク『無限の住人』」アップしました。SMAP解散騒動での「裏切り者」木村拓哉が不死身の剣士を演じる映画なんですが、40過ぎたおっさんになってもあいかわらずのキムタクしゃべりで、「何をやってもキムタク」は健在でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180091

カテゴリー「映画の雑文」に「ベタな展開の『武曲 MUKOKU』」アップしました。綾野剛と村上虹郎のダブル主演のような「剣道」映画で、高校時代剣道部にいた者としてはちょっと興味があったのですが、なんだかよくあるパターン展開で「なんだかなぁ・・・」という感じの映画でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179928

カテゴリー「映画の雑文」に「続編詐欺『新・鳥』」アップしました。ヒッチコックの「鳥THE BIRDS」の続編と思われる「THE BIRDS II」なんて原題なので、おおっと思って見ると続編ともリメイクとも言えないような駄作。もはやこれは犯罪レベルですな。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179730

カテゴリー「日進市からの戯言」にIAさんからの「そら豆通信VOL.25」アップしました。今回は、「男の料理教室」+「釣りバカ日誌」といったところです。行政や政治の無責任さに対する怒りには全く同感です。安倍独裁内閣以降、日本は本当におかしな国になってしまいました
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179585

カテゴリー「知多随想録」にKSさんからの「知多の日々気まぐれ日記:2017年10月」アップしました。ということは、もう11月ということです。今年も「あっ」と言う間でしたねえ。歳をとると本当に1年が早いです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179532

カテゴリー「映画の雑文」に「邦題詐欺『その女諜報員アレックス』」アップしました。たまたまヒロインの名前がアレックスというだけで、全く無関係のピエール・ルメートルの話題になった小説「その女アレックスAlex」そっくりの邦題をつけるとは、これはもう確信犯の詐欺と言っていいでしょう。クリスティの「検察側の証人」に「情婦」という邦題をつけた奴は馬鹿ですが、こちらは犯罪です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179333

10/23日の東京は台風一過で久しぶりの青空。せっかくなのでコンデジで撮って1枚アップしました。まさしく雲ひとつない秋空です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179217

カテゴリー「映画の雑文」に「S.キングの駄作ホラー2本だて」アップしました。「1408号室」と「痩せゆく男」の2本、どちらもワンアイデアのワンパターン。物語は予定どおり進行し、まあ、あまりよくない後味で終わります。どちらもあまりお薦めはできません。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179175

カテゴリー「映画の雑文」に「快調!『サバイバルファミリー』」アップしました。乗っていたボートが転覆し流れ着いた無人島でのサバイバル生活を描いた映画かと思ったら大ハズレ。「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督、快調です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=179021

カテゴリー「映画の雑文」に「日活ロマンポルノ45周年記念映画」アップしました。行定勲「ジムノペティに乱れる」、園子温「アンチポルノ」、中田秀夫「ホワイトリリー」の3本を見てみたのですが、やはりかつての勢いのようなものは感じられませんでした。ま、仕方ないですね。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178849

カテゴリー「テレビの雑文」に「ドラマ『奥様は、取り扱い注意』」に関するアホ批評」アップしました。まあ、ドラマの出来はそれほどよくないはないのですが、道徳馬鹿、現実馬鹿による的外れの注文・疑問・いちゃもんにはホントうんざりします。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178600

カテゴリー「映画の雑文」に「日本語字幕のある邦画『ウンタマギルー』」アップしました。全編沖縄方言なので残念ながら何を言っているのか全然わからない。そのため、邦画なのに日本語字幕がついているという変わり種。にもかかわらず、内容がほとんどわからない。わからないのになぜか印象に残るという不思議な映画でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178567

カテゴリー「日進市からの戯言」にIAさんからの「そら豆通信VOL.24」アップしました。毎月の恒例行事です。私にとっては「日記」「通信」を読んでようやく、「その月」が始まると言っても過言ではありません。同年代なので、健康上も参考になることが多いです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178281

カテゴリー「知多随想録」にKSさんからの「知多の日々気まぐれ日記:2017年9月」アップしました。9月に入って多少凌ぎやすくなったせいか、8月の日記と比べるといくらか活動的になっているようで安心しました。できればもう少し活動範囲を広げてもらいたいものなんですが・・・。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178253

カテゴリー「テレビの雑文」に「WOWOW『連続ドラマW』のメリット・デメリット」アップしました。三菱自動車による脱輪・リコール隠しを題材にしたドラマ「空飛ぶタイヤ」が典型ですが、スポンサーを気にする民放ではできないような尖ったドラマを今後とも期待したいですね。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=178110

カテゴリー「映画の雑文」に「映画版ユービック?『ミッション8ミニッツ』」アップしました。私の大好きなSF小説「ユービック」(「ブレードランナー」「トータル・リコール」などを書いたフィリップ・K・ディックの最高傑作)に似た設定で、なかなかうまく作られています。これなら合格点です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=177960

カテゴリー「テレビの雑文」に「『月曜から夜ふかし』で『やらかし』」アップしました。マツコと関ジャニ村上がMCの素人いじり番組である。この番組の中でインタビューされた女の「十四歳とき妊娠させて逃亡した」とされた男が別人だったという話がネットで話題になっています。私は、この「事件」すべてが仕込みであり、やらせだと思っているので、ちょっと書いてみました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=177646

カテゴリー「映画の雑文」に「まだ続けるつもり?『エイリアン:コヴェナント』」アップしました。ヒットしたシリーズの続編は、リスクが小さいので企画が通りやすいのでしょう。「エイリアン」シリーズは4まで作ってボロボロになって、いくらなんでもこれで終りだろうと思ったら前日譚の「プロメテウス」が作られ、本作は「プロメテウス」と1の間の物語なんだそうだ。もう、どうでもいいような話になってきています。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=176011

カテゴリー「映画の雑文」に「歌に違和感『この世界の片隅に』」アップしました。アニメですが、去年のキネマ旬報邦画のベスト1です。1人の女性の日常を淡々と描いていて悪くはないのですが、私には主題歌ともいえる「悲しくってやりきれない」があまりに違和感があって、もう一つ物語に入り込めませんでした。残念。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=160058

カテゴリー「映画の雑文」に「上出来『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』」アップしました。ファンタジー映画といわれていますが、ファンタジーは話の枠組みとして設定されているだけのもので、むしろよくできた青春純愛映画と考えたほうがわかりやすいでしょう。映画が始まって40分くらいたったところでタイトルが出るところなど内容にも合致していてけっこうオシャレです。主演の福士蒼汰君と(情弱なので全く知らなかった)小松菜奈さん、好演です。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=159711

カテゴリー「テレビの雑文」に「三ツ矢サイダー事件」アップしました。こんな屁理屈でCMが中止になっちゃうんですねえ。「真似したら」という屁理屈を是認したら世の中のほとんどのCMやドラマはNGでしょう。おかしな世の中になってしまいました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=157063

 カテゴリー「映画の雑文」に「キネマ旬報ベストテン2016の不思議」アップしました。映画にはいろいろな見方、評価があるわけで、自分と他人の評価が違っていても、ある意味当たり前なんですが、それでも「シン・ゴジラ」の2位には驚きました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=153948

 カテゴリー「映画の雑文」に「いろいろあった2016年に見た映画いろいろ」アップしました。本当に(それも、よくないことばかりが)いろいろあった2016年でした。あまりいい予感はしないのですが、今年はどんな年になるのでしょうか?
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=153733

カテゴリー「映画の雑文」「『映画の雑文第1回』再録」アップしました。アクセス数200万突破を記念して、誰に見せるというアテもなく「映画の雑文」を書いていた時代の第1回を再録しました。関心のある奇特で、さらに暇のある人はどうぞ。(02/10)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=142009

 カテゴリー「映画の雑文」に「2015年に見た映画一覧」アップしました。年間52本という数字はどう考えても暇な人間であることの証明です(^^;。(01/09)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=107951
 

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題03終」をアップしました。素晴らしい邦題、どうしようもない邦題、いろいろありますが最近は原題の英語をカタカナにしただけのものが多く、英語に弱い私のような者には内容がさっぱり・・・。(07/08)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=102776

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題02」をアップしました。しかしまあ「愛と青春の旅だち」「愛と哀しみの果て」「愛と追憶の日々」・・・なんでこうも似たようなタイトルばかりになるのでしょう。そして、名作をダイナシにした史上最悪のタイトル怒る(07/02)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=102568

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題01」をアップしました。最近はカタカナタイトルの洋画が多いなぁと思いつつ、素晴らしい邦題や、関係者を怒鳴りつけたくなる邦題について、思いつくまま書き散らしました。(06/27)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=68060

 カテゴリー「映画の雑文」に「映画の終わり方」アップしました。このEMWにおける「迷走」ブログの更新はこれが最後です。長年のご愛読?ありがとうございました。(03/28)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65769

 カテゴリー「映画の雑文」に「お気に入り映画100」アップしました。アメリカのAFIの映画歴代のベスト100というリストを見ていたら自分好みのベスト100を作ってみたくなりました。(02/17)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65425

 ちょっと事情があって以前アップした「私の『がん』闘病記」少し手直ししてアップしました。がん一般の話ではありませんので、関心のある人は、この人の場合はこんな治療をしたんだという程度にお読みください。(01/16)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65217

 カテゴリー「映画の雑文」に「今こそ『西部戦線異状なし』を見よう」アップしました。「集団的自衛権」「原発」「秘密保護法」威勢のいい叫び声ばかりが聞こえてきますが、「集団的自衛権」にしても、国を守るのは当たり前だろう、という一言で議論は終わり。なぜ今まで法制局は「集団的自衛権」は憲法に抵触するとしてきたのか、なぜこの時期に抵触しないと方向転換したのか、新たな法律を制定しないと国を守れないような状況にあるのか、などといった議論の深まりはなく、反対する者は非国民と言われかねない状況です。これは、こういう状況の時にこそ見るべき映画です。(12/09)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=64927

※以下は旧「イージー・マイ・ウエッブEMW」でのリンクです。EMWが東京ケーブルの勝手な理由で廃止になり、そのままLIFE CLIPに移行できるという話だったのですが、移行に際して記事のURLが変わってしまったため、クリックしてもつながらなくなってしまいました。お手数ですがタイトルでサイト内検索してください。

2014年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=22512

2013年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=19107
 
2012年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=16413
 
2011年に見た映画一覧
 
私の映画オールタイム・ベスト10
 
「JIN-仁-・完結編」徒然日記(全)
 
「JIN-仁-」徒然日記(全)
 
大塚久雄「社会科学における人間」
 
 ★ブログの趣旨についてはカテゴリー「『現在迷走中』について」を見てください。







2017/12/12 9:50:21|映画の雑文 
混迷タイトル「ガーディアンズ」
「ザ・ガーディアンズ」(ロシア)☆☆★★
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(アメリカ)☆☆



知り合いのIHさんから、「Xメン」をパクッタようなロシア映画があるという話を聞いたのでネット検索してみたら最初に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーGuardians of the Galaxy」というタイトルがひっかかってきた。前作がそこそこヒットしたようで第2作の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」というのも作られているらしい。ただ、ネットの解説をを読むとマーベルコミックのスーパーヒーロー物と書かれている??? マーベルコミックなら「スパイダーマン」「X-メン」「アベンジャーズ」などを持ち出すまでもなく、まちがいなくアメリカ映画だ。まさか米露合作映画なのか? いったいこれはどういうことなんだ、とさらに調べてみると・・・。

「ザ・ガーディアンズ」というタイトルがひっかかってきた。解説を読んでみると、我々の住んでいた地球と魔術の支配する地球とかあり、不思議な力を得た主人公が女戦士とともに地球を守るという物語らしい。なんだか最近のトレンドを寄せ集めたような話だ。ところが、さらにさらに調べていくと製作はカナダ。かっ、かっ、カナダ??? しかも、前後篇に別れていてネットにあがっている予告編(多分?)を見ると特撮もいま一つチャチイし、あまりスケール感もない。根拠もなく単なる想像だが、もしかすると日本でいうところのVシネマかテレビでのスペシャルドラマではなかろうか。いずれにしても、カナダはロシアではないし、原題は「Dark Rising: Warrior of Worlds」。「ガーディアンズ」の「ガ」の字もない。こらーっ、勝手に紛らわしいタイトルつけるなーっ!

まあ、こんなことで怒っていたのでは血圧が高くなるばかりだ。「ガーディアンズ」で怒ってポックリなんてことになったら、これはちょっと、いや、かなり恥ずかしい。残された家族にも迷惑がかかる。とりあえず深呼吸をして、タバコを一服。イラつく心をおさめながら再度検索していったら、ついにありましたっ。

監督サリク・アンドレアシアン、出演アントン・パンプシニ、サンザール・マディエフ・・・、うむ、名前からしてこれはどうみてもロシアだ。原題は「Zashchitniki」(ロシア語は全然知らないので意味不明)となっていて英語タイトルが「The Guardians」となっている。邦題は「ガーディアンズ」になっていたり「ザ・ガーディアンズ」と「ザ」がついたりつかなかったり。ネットにアップされているパッケージの画像を見ると「ザ」はついていないが、まあそんなことはどうでもいいか。間違いない。

これが「ガーディアンThe Guardian」と複数形にならないと、イギリスの有名な新聞だし、・・・いやあそれにしても紛らわしい。あの「キングコング」など「キングコング」か「キング・コング」か(「・」の有る無し)とか、「荒野の用心棒」の続編が「続・荒野の用心棒」ではなくて「夕陽のガンマン」だったり、こういう適当な邦題は従来からの慣例と言ってしまえばそれまでだが、それでいいのか、バカボンくん。これではパクリ大国=中国、韓国のめちゃくちゃな商標登録にも腹が立つが、こと映画の邦題に関しては中国、韓国を非難でないぞ。

というわけで、とりあえず映画を見てみたわけだが、どちらも予想通りマンガ。結果は、ロシア版の判定勝ち(確かにIHさんの言うように「Xメン」的な部分も散見される)。ただし、これはアメリカ版があまりにつまらないから。アメリカ版に関しては、見るだけ時間の無駄という人がいても反対はしない。

↓「ザ・ガーディアンズ」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=fVpXuEeCypk
↓「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=rCi4r1j5kzc

☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)







2017/12/07 10:18:55|映画の雑文 
ラスボスが・・・「ヴァン・ヘルシング」
「ヴァン・ヘルシング」☆☆★★

ヴァン・ヘルシング(教授)といえばドラキュラの好敵手のバンパイアハンター。私の世代としては、役者としてはピーター・カッシングが印象に残っているはずだ(ドラキュラは、もちろんクリストファー・リー)。だから、このタイトルだけでほぼ内容は想像できる。監督・脚本のスティーヴン・ソマーズは「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」の監督だったと思う。かつての「吸血鬼ドラキュラ」がブラム・ストーカーの原作にある程度忠実に作られているのに対し、この映画はヴァン・ヘルシングというキャラクターを借りただけで、話自体は原作とは全く関係はない(ええっと、どうでもいいことを書いておくが、以前、海外サイトの英語版を見て適当な感想を書いたが、今回は字幕つき。ただし、単純なストーリーで長い会話の部分はほとんどないので、結論を言うと評価は変わらなかった)。

主役は「ニューヨークの恋人」のヒュー・ジャックマンといっても最近の若い人には意味不明か。メグ・ライアンとのタイムトラベル物のラブロマンスでなかなかおもしろかったんだけどなあ、メグ・ライアンも脱いだあと消えてしまったし。とりあえず「X-MEN」シリーズのローガン / ウルヴァリンと言っておけば通じるのかな。
 さて、この映画のヴァン・ヘルシングは大学教授ではなく、モンスターハンターという設定になっている。ヒロイン役のケイト・ベッキンセイルは「トータル・リコール」(リメイク版)の悪女だったと思うが、ちがっていたらごめんなさい。このてのアクション物では太目というか重そうで動きに「切れ」がないのが残念。ただ、「スターウォーズ」の新しいシリーズを見ても、最近は「強いヒロイン」がアメリカのトレンドのようなので仕方ないのかもしれない。

冒頭の白黒画面でフランケンシュタインが風車小屋に逃げ込み炎で小屋が焼け落ちるあたりは明らかな元祖「フランケンシュタイン(1931年版)」へのオマージュで、見た者をニヤリとさせる。が、そのあとはシェリー夫人の「フランケンシュタイン」もブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」も無関係。いきなり登場するのは「ジキルとハイド」のハイド。何かの間違いではないかと思ったが、間違いではなかった。ヴァン・ヘルシングはこのハイドを退治し、次の標的を求めてトランシルバニアに向かう。いわば、ここからが本編でいよいよドラキュラ(およびその部下)との戦いに突入するわけだ。いやはや、長い前置きだなあ。

いずれにしても、いよいよ本編に入るわけだが、全編CGを使っていない場面がないと言っていいほどのCG洪水で、話も場面もめまぐるしく展開するので、私のような年寄りはついていくのが精一杯。何か考えているともう次の場面になっているので、いちいち考えたりしていてはいけない。橋がおとされていてどうなるんだろうと思っているとけっこう広い谷間をひゅーっと馬車が飛び越える。ウマは普通のウマだったはずだがどうしてあの谷を飛び越すことができたんだろう・・・なんて考えていると、すでに次の場面が始まっているという具合。おいおいなんて言っている暇はない。最後までそんな感じで緩急強弱がまるでないのが残念なのだ。

それにしてもラスボスの呆気なさは何だ。それまでの戦いをすべて凌駕するようなクライマックスを期待していただけに、拍子抜けも甚だしい。本当にラスボスだったのか? えっ、これで終り?と思っているうちに、ご都合主義の極地というか、バタバタっと話が全部が終わってしまい、それでもまだ何かあるのかと思っていたらクレジットが始まった。最近はクレジットの途中や終りに意味深なカットが挿入されることが多いので一応最後まで見てみたのだが、何事もなくオシマイ。ええーっ(^^;。

↓予告編
https://www.youtube.com/watch?v=mrOqCgDgXfQ

☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)







2017/12/02 10:06:00|日進市からの戯れ言 
そら豆通信VOL.26
昔の「日曜洋画劇場」のヨドチョウさんでもないですが、みなさん、またお会いしましたねー。KSさんの「知多日記」に続いては、IAさんの「そら豆」。さあ、先月はどんな出来事があったんでしょうねえ。楽しみですねえ。今回は、エンディングノートのことが出てきます。さよならさよならノートのことですねえ。
・・・なんてつまらない枕はここでオシマイ。
私の父は、昼に心筋梗塞で倒れて意識がないまま夕方には亡くなりました。何の準備もしていなかったため、誰に連絡したらいいのか、連絡をするための住所録のようなものはあるのか、あるとしてもどこにあるのか・・・、大変だったことが思い出されます。ですから、残された人が迷わないように書き置きが必要なことはわかっているつもりですが、しかし、そういったものを書くと何となく縁起が悪いような気もするし、必要なことは間違いないし・・・複雑な心境です。

………………………………………………………………………………………………………………………………
平成29年11月1日(水) 晴れ 
早朝から4.5メートル投げ竿の作成(伸べ竿を投げ竿に改良)、うまくいったようだ。10000円もかけて購入しなくて良かった。3000円ほどで済んだ。つまり、この歳になってやるほどの魚を目指してはいないということ。
快晴だったので布団干しと自室の清掃をした。
今日も男の料理を続け、「とろ〜り優しい豆腐の鶏そぼろあんかけ」「カリカリごぼうの甘辛揚げ」「ハゼの唐揚げ」「ほうれん草とチキンの和え物」と頑張ったが、風邪が治らず喉も痛く疲れた。

11月2日(木)晴れ
かかりつけ医で眠剤を変えてもらったが眠れないし、風邪による喉の痛みで体調が狂ってしまっている。何が原因なのか追求してみないといけない。
先月21日(土)に軽い接触事故を起こした。直ちに損保の事故受け付けセンターに連絡し、週明けの23日(月)に担当者から「受付けました」と言う電話があった。しかしその後今日までの10間、何ら経過報告も無い。照会してみたら被害者の車は修理費51000円にレンターカー代9日分で49000円が確定していると言うが示談はできていない。バンパーを変えるだけで9日も要するのか? と、いとも簡単に認めている姿勢に驚く。一方私の車の修理費はやはりバンパーを変えるだけで94000円の見積もりだが、ディーラーから写真と見積書が届いていないので修理費の協定をしていないと言う。「なぜ督促をしないのか? 」。そこでディーラーへ照会したら「損保へ送るのを忘れていた」と言う。両者とも上司が出てきて、ただお詫びの言葉を発するだけで、自分たちのペースを崩そうとしない。因みに私の車もバンパーを交換するだけだが、部品が届いたら2時間で作業できると聞いていた。被害者へは私自身が鄭重にお詫びしているし十分なことをしてあげて欲しい。しかし9日間のレンターカー認定はいかにも多すぎると思う。つまり査定担当者はホローすることなく放置していたとしか思えない。これでは自動車保険の採算が悪化するのは当然、その結果保険料の増加を負担するのは我々契約者なのだから、馬鹿らしくなってくる。各企業とも人の劣化が著しく、一体、世の中どうなっているのかと思うばかり。神戸製鋼の品質劣化、日産自動車の無資格者検査による出荷でリコール、東芝の会計監査不適正など信じられないことばかり続いている。
今日の料理は「冷凍むき海老、パクパク小海老フライ」と「砂肝のネギ塩焼き」。

11月3日(金) 晴れ
久しぶりに昨夜はよく眠れたので快調、最後の一畝を耕してタマネギ、そら豆、グリーンピースの定植に備えた。下仁田ネギを追加の播種。
自動車保険査定対応のまずさにどうしても腹の虫が収まらないので、火災保険も含めすべて解約することにした。後輩に対応の良い保険者を照会したら、先輩のN代理店はどうかと言われた。そうだそうだと思いNさんへ電話してお願いした。
今日の男の料理は、メインとして「湯どうふ鍋」にしたが意外と家内の低評価に驚いた。

11月4日(土) 晴れ
6:30から、畝の発芽しなかったマルチング部分に四季どり春菊、ほうれん草などを再度播種。午前中は盆栽の名札の作成を15種類ほど。午後は農協の「一寸そら豆」7ポットを播種。
夕方から組長会があったので今日の料理「つくねバーグ」と「筑前煮」の下準備をしておいて出かけた。組長会では、先の台風で中止になったウォーキングイベントについての反省点の意見を求められたので、「22号台風の天気情報では、行事予定日の前々日から当日の雨は明白であった。にもかかわらず中止の判断が遅すぎた。しかも連絡網での中止決定通知でなかったのだが、連絡網の機能が働いていない」と意見を述べた。同調者が2名いたが、果たして最終判断者まで私の意見は届くのだろうか?

11月5日(日) 晴れ
今朝も畑で2時間弱、玉葱・グリーンピース・そら豆用の畝に施肥をしてマルチングを完了した、あとは定植のみ。さらに、せこくわずかなスペースに土を入れて半畝立てようと準備。このところスクワットで鍛えているせいか、これだけの作業をしてもさほど腰にこなくなったような気がする。
盆栽連盟のYさんにピラカンサのことで電話したら、みよし盆栽展最終日だと言う。私が日にちを間違えていたので、急遽Yさんに菊連盟の即売品二点の購入を依頼した。夕方Y宅へ菊の受け取りとピラカンサ盆栽の枯れてしまった苔張りを頼みに行った。夜に、受け取った挿し木白菊を盆栽鉢に植え替えた。予想通り駄鉢植えだったので植え替えは簡単なうえに格段に見た目が良くなった。

11月6日(月) 晴れ
朝6時、月の入りが綺麗だったのでコンデジで1枚、少し歪んで見えるのは満月から2日目で欠けているせいなのだろう。今朝は黄色の菊を盆栽鉢に植え替えたが若干鉢が大きかった。いずれにしろ盆栽鉢に植え替えると格調が高くなるのは確かだ。
HN病院で胃カメラ検査予約、正月も近いことで飲み食いの時期なので来年1月を希望したら、「そうだね。ベテラン検査医希望だったね」と気心の知れた医師は何かと便利だ。血液検査のみして本日は終わり。
損害保険会社から電話があった。経過報告が無いので先週木曜日に照会したら、全くホローしていないことが分かった。ちょっと苦情を言ったら、すぐに完結して、2、3日中に支払いされることになった。ただ問題なのは、「アジャスターが放置した事案は、アジャスターから報告がない限り動かないシステムなので、今後の改善は約束できない」と言う。アジャスターは別の調査会社であり保険を引き受けて事故対応をする親会社責任と指導の問題を指摘しているのに理解されないようだ。

11月7日(月) 曇り
3:40出発で河和港へ。5:00白灯台で始めた時は、やや大き目のカサゴが何匹か釣れたがベラは駄目。8:00の満潮前にお祭りと根掛かりで随分時間をとられ失敗であった。先回投げ竿でハゼの大型も良かったので、リールも新調して投げたが、どうも海苔の養殖網を張ったためか根掛かりばかりで投げは全くダメであった。満潮後はアタリすら無く、台船前へ移動してハゼを少し。さらに思っていたより潮の引きが早かったのでピットへ行ったが、先回と同じく全くアタリすら無し。再び白灯台、台船前、ピットと回って合計でハゼ17匹、ベラ4、カサゴとメバルで17、カレイ1、タナゴ1、アナゴ1で五目釣りになってしまった。ハゼ18センチは今年の新記録。さて、次回はどこにしようかと迷うところ。満潮が10:00くらいの時の方が満潮までの釣り時間が長くていいかもしれない。それと先回は小潮で今回は中潮なのでその関係も考えないといけない。帰宅後の下処理とベラの煮つけ、ハゼ・カサゴの唐揚げなどで疲労。

11月8日(水) 小雨
昨夜は21:00に眠れたがやはり3時間で目覚めた。それでも疲れていたので断続的に眠ったようだ。
小雨だったのでカブや大根の間引きにはもってこいの環境と思い7:00に畑、一本立ちさせる最後の間引きゆえ、間引いたものも大きくて男の料理で「油揚げ入り新鮮サラダ」に利用できた。
かかりつけ医への通院日で、医師とのコミュニケーションも順調であった。
夕方、行き掛かりで付き合っていた保険代理店から電話があり、「色々迷惑を掛けましたが、また更新のご案内を出しますのでよろしくお願いします」と言うので、「私の事故を知っていて、一言も心配の挨拶もなく、査定の事故対応で一度目は我慢したが二度目は我慢できないので更新案内の必要はありません」と返事。「自動的に更新案内が行きますが」、「保険人としては私の方が経験豊かなので、更新案内も来ない方法は知っています」とさらに回答。ちょっと私の処へ来るだけで数万円の手数料を取り、何もしない代理店に「そんなに甘い世界はない」ことを、あえて教えた形。

11月9日(木) 晴れ
グリーンピース・そら豆・来年用下仁田ネギの発芽確認。
明日、庭師が来るというのに松の盆栽二鉢が伸びたい放題では馬鹿にされそうなので急遽剪定、結構思い切って空かしたので良い感じ、ただ新芽が吹いてくれるかどうかは疑問。
長久手市のピアゴへ食材の買い出し、ここの方が商品の陳列が分野別に分かりやすくしていることに初めて気づいた。自分で料理をしているからだと思うが、おかげで買い過ぎた感じもある。

11月10日(金) 晴れ
早起きしてしまうので、管理人さんから教わったコンデジマクロのタイマー撮影で、花とか野菜とかを撮って朝食までの時間をつぶした。管理人さんからは、夕方MF撮影のアドバイスを受け早速MFに設定し新聞記事にピントを合わせてみたら確かに違うことが分かった。
今年も同じ庭師さんが来て、分かっているので言わずとも綺麗に仕上げてくれた。また同じように小品盆栽一鉢を割ってくれた。大変恐縮し謝罪されたが、予め作業のしやすいように整理しておかない当方の問題である。言い換えれば一鉢くらい別に何ともないということ。
先の自動車事故で保険会社の査定対応が悪かったため火災保険も含めすべて解約して新しい代理店に切り替え手続きをしていた。新しい代理店さんから今日、連絡がきてものすごくお値打ちになっている。つまりOBとしての団体割引ができるのであった。これまで無頓着で漫然と更改していてかなり損をした。保険に限らずに何の契約についても神経質になった方が得なことが多い時代である。
先の衆院選以降、自民党の圧勝で安倍ちゃん続行となり政治に対する関心が薄れてしまった。加計学園の獣医学部も順調に開学できるようで、何を騒いできたのか時間の無駄であった。
山尾志桜里が例の弁護士を政策顧問にするらしいが、そうすることで関係のなかったことをアピールしたいというしたたかさなのか。

11月11日 (土) 未明雨、後晴れ
盆栽連盟の会長と副会長といっしょに豊田市文化会館での盆栽展鑑賞。さすが財政豊かな豊田市は市民会館も立派。盆栽展も市長の挨拶文はあるし県内の盆栽家が出展していて格調高いいいものであった。あれなら盆栽を知らない人でもいいと思うだろう。即売会ではいち早く上越五葉松を2500円でGET、ケース売り2000円の小品盆栽もお値打ち、欲しいものは4点ほどであったがGETして、残りの10鉢以上は、両氏に貰ってもらい若いMさん用にもしまっておいた(名古屋弁)。
午後は年賀状用の「犬と山野草」写真の撮影に時間を費やした。男の料理は味を薄めにするよう心がけたら薄すぎた感じ。

11月12日(日) 晴れ
副会長のYさんに、捨てようと思った自作の湯飲み茶碗3個に穴を開けてもらって鉢にした。黒松一鉢を頂いて少し手を入れた。また庭師さんがやったツツジの剪定が気に入らないのでこれも手を入れて修正した。
稀勢の里が初日にまた負けた。どうも勢いがなく何かおどおどとした感じがする。

11月13日(月) 晴れ
3:00だったか4:00だったのか定かな記憶がないが目が覚めてしまったので、布団から出て釣り針の糸結びを10数本しておいた。とても寒い朝であったので再び布団の中へ。しかし眠ることはできず、だいぶ前から気になっていたエンディングノートの原案をスマホに入れてパソコンの自分宛にメールしておいた。
家内の友人の来訪があったので、一緒に2時間ほど雑談。彼女は10日ほど前に追突されて修理費40万円、首と肩も痛くなり加害者の保険会社であるT社が紹介してくれた医師にかかった。が、医師の発言が気に入らないので事故後2日しか通院していないと言う。今は腰も痛くなってきたらしいので、医師とは信頼関係が重要だから嫌ならT社へ連絡したうえ転医すればよいとアドバイス。一方、損保が医者を紹介するとは驚いた。彼女はこれまで整形外科にかかったことが無いので、そう言ったら紹介してくれたらしい。
エンディングノートを15項目ほど作成したが、まだ5項目ほど残っている。意外と早く作成できたが、こういうものを書いていると間もなく本当に死んでしまうのではないかと思えてきてしまう。
今日も、山尾志桜里の政策顧問の件がワイドショーを賑わせていた。私はやっぱり、こういう人が政治家としていい仕事ができるとは考えられない。安倍ちゃんに終止符を打てる人になれるはずもない。
友人のYさんから『山波186号』が送られてきた。

11月14日(火) 雨
弟が送ってくれた自作の焼き豚や手羽先の味付けは結構なものであった。沢山あるのであと4、5日は食べられる。それにしても兄弟で料理をしているとは面白い。私の今日の「プロ直伝の茶わん蒸し」は完全に失敗であった。原因はレシピによる水が多すぎたことにつきる。よって卵が固まらないうえに味が薄かった。
スーパーへ食材の買い出しと上階の店舗で5指ソックス・パジャマ・暖かズボン等を購入。最近、妙に寒さを感じるからだ。
日馬富士の暴行事件が明るみになり2連敗したこともあって今日から休場。稀勢の里は勝ったもののまだ安定感がない。白鵬の相変わらずの張り手が気になる。これらで、折角の相撲人気も下火になった感じ。
小池おばさんが希望の党代表を辞任するらしい、急激な陰りにもう再起は無理かもしれない。結局、あのおばさんは何をしたかったのか今後どうしていくのか全く分からなくなってしまった。音喜多氏のテレビ出演での反撃が、ワイドショーで今後重宝されるかもしれないと思う。

11月15日(水) 晴れ
今日もエンディングノートの作成。私が死ぬと家内が生きていくために一人でやらなければならないことがあまりにも多いことが分かり可哀想になってくる。先には死なないようにしないといけないと思う。ノート作成の合間は、昼も夜も料理作りでゆっくりしたのは17:00から1時間の相撲観戦の時だけ。やっぱり稀勢の里の動きには力がなく、負けてしまって早くも2敗。

11月16日(木) 晴れ
寒い一日であったが明日はもっと寒くなるようだ。このところ急に冬が来たようで少し体調不良。
エンディングノートは今日で四日目、まだ完成しないが5000字を超えた。このパソコン作業と昼と夕の料理で疲れる。
日馬富士事件で相撲協会が揺れている。ほとんどのテレビ局が、日馬富士がビール瓶で貴ノ岩を殴ったと報道している中、同席していた白鵬がビール瓶ではないとコメントしていたのには違和感を覚える。

11月17日(金) 晴れ時々曇り
盆栽展の持ち込みの日で若いMさんが来てくれたので、エンディングノート用の遺影写真を撮影してもらった。
盆栽展の出品者は、立派な作品を持ってくるが何かからくりがあるように思えてならない。このような作品があるのならばもっと早く出品するはずであると思う。展示作業中に私の卓が簡単に壊れてしまった。やっぱり中古品は駄目であったか。かつての師匠は持ち込んできて、勝手にメインステージに置いて、「玉ねぎを植えるから」と帰って行った。全く自分中心の人柄が表れている。
解約しようとしている保険代理店から電話があった。自動車保険の解約返戻金について、やっと連絡があった。
どうもこのところ疲れやすいし、寒くてならない。

11月18日(土) 雨後曇り
日進市文化祭は雨のため人出は少なく寂しい感じ。盆栽連盟については何も言うこと無しというか言う気にならない。Fさんが「アルバムを楽しみにしている」と言うのでやる気になってしまい、作らなかった春の分と併せて今年度作品展として作り始めた。やっとできたのが表紙と5名分のみ。ということでエンディングノートは一時休み。文化祭の陶芸展に顔を出したら、昨年「猫のオーケストラ」を撮ったTさんがいて図鑑の話をしたら大変喜んでくれた。今年の陶芸連盟は来年の干支のせいか犬の作品が多かったので、撮らせてもらった。
保険の解約・変更手続きがやっとできて速達で返信した。
稀勢の里はまた負けて3敗目、あの調子では完全復帰にはほど遠い感じである。もしかすると完全復帰はないかもしれない。日馬富士の暴行事件で相撲協会が揺れているが、折角相撲人気を取り戻していたのに残念である。

11月19日(日) 曇り
盆栽展に出展したのは今回で5回目であるが家内が初めて鑑賞してくれた。それと、盆栽連盟の会員が毎回よくこんなに立派なものを持ってこられるものだと感心していたが、必ずしもそうではないことが分かった。皆さん、結構他人から借りてくる(例えば師匠)とか、リース業者からかもしれない。経済的に裕福な人は、盆栽を生業にしている人から購入し、常時の管理もさせて出展のみしているケースもあるようだ。こういう人は鑑賞眼と講釈だけはすぐれている。私などはお値打ち品を購入して一応自分の物にして少し手を入れてからの出品なのでまだ正直者である。今回の盆栽展は松柏類が多すぎて権威主義を強く感じた。私は雑木の、沢山実の付いたピラカンサで、市民の多くの人が身近に盆栽に親しみを覚えてもらうことを願っていたのだが、多くの女性陣に喜んで鑑賞いただいたようだ。

11月20日(月) 曇り、22時から夜雨
朝7:00過ぎ、久しぶりに畑へ行ったが大きな変化はない、寒さが続いているので成長がないということか。
食料品の買い出し後、うたた寝をしてしまった。急いで次の日曜日の町内一斉大掃除のためのゴミ袋配布を31世帯。この掃除が終わったら今年度の組長の仕事もほぼ終わり。意外と早く終えられるという感じ。料理も続けているが、やや手抜きになりつつある。

11月21日(火) 晴れ
7:00、寒いのでハーフコートを着て毛糸の帽子をかぶって畑でタマネギ36本定植。プランターで種から育ててみた苗であるが、まだ小さかったので土ごとの植え替えにした。この作業で今日の腰の状態が芳しくなかった。
どうもこのところ寒いとすぐに気管支が詰まってくる感じで、かかりつけ医で肺のX線撮影をしたが、特に異常はないようだった。
潮目的には明後日の方が適しているのだが、風が6メートル予想と強いので明日の釣行とした。寒さが強くなってきているので今年最後の釣行になるかもしれない。近年、季節が前倒し傾向にあることを感じていたが、今年はその傾向をより強く認識している。秋があったのはとても短い間だったと思う。
稀勢の里がまた休場、予感していた短命横綱に近づいていようだ。

11月22日(火) 曇り
先回の釣行で河和港の白灯台下が期待外れであったため気になっていたので再挑戦した。陽が昇る直前にバタバタとカサゴが釣れたがその後は全くダメであった。満潮の8:15まで頑張ったが諦めて、南下し豊浜港へ行った。ここもアタリすらない中、ねばっていたら干潮の13:51前後に大型ハゼ15匹が入れ食いであった。19センチのハゼは今年の記録更新である。以下18センチ、17.5センチ3匹、17センチ、16センチ8匹などと14センチ以下は無し。この日の全釣果はハゼ19、カサゴ2、メバル1、セイゴ2、メジロ3。通り道の魚太郎で購入したカレイ、ホウボウとともに、帰宅後の下処理が大変であって疲れた。
白鵬が負けた直後に立ち合い不成立を主張し、長い間土俵に上がらず礼を拒んでいた。行司が毅然として受けつけなかった姿が印象的でもあった。この取り組みで立ち合い不成立が成立していたら、先場所の日馬富士は完全に立ち合い不成立になる。あの時の日馬富士は取り組んだ瞬間に相手の肩を叩いて不成立を主張していた。むしろ行司がアピールに気付かなかったと思ったほどだ。白鵬の張り手は、今場所全取り組みで続けているようだが、これも横綱としては、不愉快。

11月23日(木) 晴れ
断続ではあったが久しぶりによく眠れた。釣りの疲れからだと思う。
朝、家の前を通ったフレンチブルドッグのあまりにもの可愛さに声を掛けたら、生後5か月だそうだ。とりあえず写真を20数枚撮らせてもらったが今後もまだ撮らせてもらえる。動物病院のセカンドオピニオン医を探していると言うので、我が家の亡くなった犬と現在の猫のかかりつけ医なら紹介してあげると約束。お隣の猫のかかりつけ医としても紹介している。家内の実家の息子(今は60歳前後)さんだった人で、親切でお値打ち医であるから。
  13:00〜16:30まで盆栽連盟のYさんが来訪、雑談。急いで先日買っておいた冷凍の「洋風野菜」や「牛もつ鍋」に少し手を加え夕食を作ったが、最近の冷凍物の品質の良さに驚いた。今日のように時間のない時には持ってこいで、買っておいてよかった。
会計検査院が「森友学園問題」の土地売却がずさんと報告したということは評価できるのではないか。
「日馬富士暴行事件」についての相撲協会が貴乃花からの事情聴取に、貴乃花が拒否姿勢らしい。暴行を受けた貴ノ岩自身の拒否権であれば認めたいのだが。
集客力のある施設が全くなかった日進市にセブン&アイが赤池に大型商業施設「プライムツリー赤池」をオープンするので、その内覧会があった。やっと日進も近隣市町村に近づく。

11月24日(金) 曇り時に晴れ 
7:00にそら豆7苗とグリーンピース6苗を定植し、畑から帰る時に先日テニスボールをくわえて散歩していた柴犬に会ったので撮らせてもらった。次はボールをくわえて来てくれるだろう。
昨年の東京は54年ぶりの11月の初雪であった。熱海でも小雪が散っていたのを思い出し、今年は冬が早く来たと思い込んでいたが去年も寒かったようなので、近年での平年並みかと思い直した。

11月25日(土) 曇り後晴
玉ネギ12苗を追加で定植し、これで他に植えるスペースはなくなった。
イヌの撮影関連と盆栽展アルバムの作成だけで一日終了。
白鵬が40回目の優勝をしたが、今日も張り手、横綱としては如何なものかと思う。朝刊の星取表を見ると三役以上の黒星と「ヤ」が目立つ、幕内では黒星・白星が平均的に散在していて実力伯仲といった感じを受ける。

11月26日(日) 晴れ
7:30に畑へ行った時の外気温は3度であった。14:30頃にうたた寝した時にも異様な寒さを感じた。明日は少し暖かいらしい。
今朝の町内一斉掃除で、組長としての仕事も90%終了したと思う。
盆栽展のアルバムはシンプルに全員分を統一スタイルで作り直し始め、若いMさんの撮影した写真も一部採用した。
石破茂が「森友問題」の解明は、国会が果たすべきだと発言、その通りだと思う。

11月27日(月) 晴れ
先輩で、今は保険代理店のN氏から火災保険、自動車保険ともに計上したと連絡があった。これで、保険関係の問題はすべて完了。
昨日の白鵬の優勝者インタビューで、本人が万歳三唱まで促したことに多くのコメンテーターが批判的であるが、私としては白鵬の毎回の張り手に批判をしたい。
盆栽連盟展アルバムの入力作業がほぼ終わりに近づいた。が、その費用負担についての私の提案に、まだ回答がない。毎回、希望者に配布して経費実費を各人から集めるより、いつもほぼ全員が希望しているのだから会が負担すればよいと提案している。会費を負担して未活動の会員のためにもプレゼントして会の負担にした方がよほど合理的だと思うのだが。来期繰り越し会費は多すぎるほどあるのだから。
 
11月28日(火) 晴れ
家内が熟年友の会で恵那峡へ行った。紅葉の写真を撮ってくるように指示しておいたので撮ってきてくれたが、紅葉はもう終わっていたらしく奇岩や貧弱な昼食の写真を撮ってきた。努力賞はあげたいと思う。
家内が出発した後、豊浜へ大型ハゼを目指して行った。満潮が13:31なので、9:02出発で十分。10:10に着いたら、やっぱり師匠がいた。8:00からやっているがダメだとのこと。私もアイナメ17センチと小っちゃなハゼ1匹のみで全くアタリがない。12:50には帰りの出発、帰宅14:00前。簡単に釣行ができるようになったものだと改めて実感した。やはり若潮の日は駄目だということにも納得。

11月29日(水) 曇り
数日前から家庭菜園内にある大木に気付いていたが、今朝、写真を撮って調べてみたらパパイアであった。夏野菜の時は支柱物が多くて気付かなかったのだが、秋冬野菜の根菜類が多くになって見晴らしが良くなったから気づいたのだ。知らない人だがよく育てたものと感心した。
静かだった北朝鮮がミサイルを発射した。日本の排他的経済水域に落下したが、安倍ちゃんは早くからその動向を把握していて日本の上空を超えないと判断していたとコメントした。本当なのだろうか? そうであったとしてももっと早い時間に発表があっても良かったのではないか。
日馬富士が引退した。日馬富士が引退することによって、白鵬の言う「膿」とか貴乃花が抱えている相撲協会への疑念などが、うやむやにならないことが大切ではないかと思う。
盆栽連盟展アルバムの入力ができた。経費の問題もあるのでお値打ち用紙にしているためプリントの色調整に苦しんでいた。とりあえず二冊をプリントして、未だ会員全員配布の結論を出さない役員に、明日、見せてみようと考えている。会費だけ払っている会員に何かをしてあるべきだと前から意見を述べているからだ。

11月30日(木) 曇り
盆栽連盟展のアルバムを「楽しみにしている」と言う人と、会費だけ払っている会員のために作成したのだが、私の提案である「余っている会費から作成原価を負担し配布すること」に反対していた役員がいたから驚く。特に会費だけ負担している人から会費を請求受領して、その会費でもって会の運営をしていて良いのだろうか? 単純な理屈に気付かないのかと、不思議でならない。プリント作成済みの三冊を渡しておいたが、もうどうでも良い。当方も40冊もプリントしなくて良ければ楽である。
高校時代の定例の飲み会の誘いを主催者のAさんと同じく友人のYさんから受けたが、夜呑みは止めているとして遠慮した。事実、めっきり酒が弱くなってしまって自分でも信じられないので、弟(6歳下)にも「古希に達すると、飲めなくなるから今のうちに飲んでおくように」と、添え書きをしてツマミを先日送ってアドバイスしていたところ。
すっかりエンディングノートの作成が止まってしまっている。







2017/12/01 8:18:50|知多随想録 
知多の日々気まぐれ日記:2017年11月
月が変わると恒例のKSさん「知多日記」。今年最後の掲載になります。手に震えがくるなんて書かれていますが大丈夫なんでしょうかね。ちょっと心配です。一人暮らしは気ままでいいところもありますが、何かあったときどうしようもないですから。年末年始は家族団欒で過ごしてほしいなあと思っています。
映画、ドラマに関してはKSさんの好みがわかってきました。わいわいがやがやドンパチの騒がしいものはダメで、じっくり見せる少し地味なくらいのものがいいようです。「コウノドリ」なんて地味なドラマですよねー。「007」は、例外ということなんでしょうね。

………………………………………………………………………………………………………………………………
11月1日(水)
少し風が有って寒い朝だった。雲が多く星はところどころにしか見えなかった。
毎月恒例の神社詣で、裏のおばさんと一緒に行ってきた。御嶽神社の階段はきつかった。手摺をつかまないと登れない。一つ年上の近所のおばさんと神社で会ったが、笑われてしまった。この階段が登れなくなったら、御嶽神社のお参りは止めようと裏のおばさんと合意。二つの神社にお参りしてお札(おふだ)をもらうのも変なことだと思う。八幡神社だけでいいのじゃあなかろうか。そうしている家が多いそうだ。ただ、今は母がそうしてきたからそれを継いでいるだけ。御嶽神社の祭事処理は順番制でお世話係が決められているが、知らない人ばかり。わたしはここに住んでいなかったためか選出されなかったし年も年という感じである。
今日もいい天気で真っ青な青空、気持ちがいい。この天気は明日までで金曜日は曇りだそうだ。今日はもう11月、来月は師走。すぐに正月になってしまいそうだ。
映画「空手ガール」を久しぶりに再度観た。懐かしいと同時にドラマ「ワカコ酒」を思い出した。たわいない話だが主役(武田梨奈)が感じが良いとドラマも面白くなる。懐かしく思い出しながら空手ガールを観た。それに比べ今の「朝ドラ」主人公の女性はかわいいがその相手が実に頼りなく演技もへたくそでまるで魅力を感じない。これは俳優選定の決定的なミスだと思う。もう2,3回観て面白くなかったら今回の朝ドラは、はいサヨナラよーだね。

11月2日(木)
風は無かったがひんやりとした朝だった。星は良く見えた。久しぶりに早朝暗いうちに自転車で会社に出かけるおじさんを見た。
今朝の朝ドラ、もう観てられないねえ。アホな作者だ。以前に観たホテル関連の朝ドラと変わりない様だ。最低の部類に入るような記事がインターネットにも載っていた気がする。
今日は裏のおばさんと一緒に母に会いに行った。おばさんの顔を見てにっこりしたということは、覚えているということなのだろうか。色々と話をすれど全くのすれ違いで理解不能だった。が、母は変わらず元気そうだった。気になったのはホールにいる老人の数が少なくなっている様な気がした。勘違いなのかは分からない。
IAさんの「そら豆通信」を読んだ。腰に持病を持っておられるのに、まあ畑仕事、早朝遠出の釣りと、はたまた料理と全く感心する。特に料理には感心し、完全に敗北。また地域の組長までやられ、色々不平が書かれていて面白かった。政治に関しても結構記述されていた。
料理の話をすると、以前この日記に記したと思うが、ここ知多に6年程前に来たころ自炊で色々とチャレンジした。カレー、から揚げ、クリームシチュウ、味噌汁等々ごはん抜きの料理。サラダもいっぱい作ったが、これらすべてが糖尿病に対してアウトという書籍を読んで以来パタッと料理しなくなった。野菜も食べてはいかん、カレーなどもってのほか、クリームシチュウも味噌汁もダメ、勿論米、パンもダメ、ニンジンかぼちゃジャガイモサツマイモ要するにイモ類は食べてはならない食物、玉ねぎすらあまり食べないようにとのこと。食べるもの無いのじゃあ無かろうか。作者は肉と魚だけを食べれば生きていけるとのことだった。酒は日本酒はダメだが糖質ゼロの酒類(焼酎、ウィスキー)はいくら飲んでもOKとのこと。要するに糖質を徹底的にコントロールすれば糖尿病は悪化しないというお話だった。それを半分ほど継承している。従ってIAさんの料理はうらやましい限りのことだ。
(管理人・「いくら飲んでもOK」ということは、いくらなんでもないでしょう。ましてや独り酒というものはつい度を過ごしがち。せめて明るいうちの飲酒はやめて、晩酌だけにすることをお勧めします。)
明日から3連休の会社が多いのだろう。競馬は3連ちゃんだ。
カミサンから電話が有った。懐かしく色々と話した。1時間位になっただろうか。特に問題となることは無いのだが、主題としては、定年して10年間の企業年金がこのたび終了し、振り込まれた企業年金を今後どうするかということだった。
NHKのシブ5時で焼き芋の放送をしていた。くそー!という感じだった。情けないねえ。

11月3日(金)
今日は文化の日。風は少し有り寒い朝だった。西の空低くに満月が見られた。星も良く見えた。
早朝ウォーキングをかねて競馬新聞を買いにコンビニに行った(片道約1km)のだが、レジで支払いをする段になって財布を忘れてきたことに気が付いた。品物を元の棚に戻し、家に帰った。財布を持ち再度歩くのはきついのでコンビニまで車で行った。こういうことは初めての事、情けない。
本日の競馬は惨敗。大井競馬もやっていたがそれには参加しなかった。この3連休競馬、地方競馬も結構売り込んでいるようだ。
晩飯は冷凍していた牛のステーキ。厚さ5〜7mm程度の肉、冷凍しておいたものをフライパンで加熱。まあ味は?という感じで食べたということ。テレビドラマで観るような鉄板焼きの肉厚たっぷりの血が滴る牛ではまったく無い(「ドクターX」でお偉いさんのお医者さんが食べている)。そんな肉一度でもいいから食べてみたいね。
(管理人・「ドクターX」に出てくるステーキ屋は銀座にある「うかい亭という店で、あのトランプや安倍なんかも訪れたらしいです。「スペシャルコース」2万9160円)

11月4日(土)
風は無く生ぬるい感じの朝だった。月も星も見えなかった。コンビニに競馬新聞を買いに、今日は財布を忘れなく持参した。
本日の競馬、ふたレースで買った馬を大声で応援したが、いずれも僅差の2着だった。本日も完敗だった。馬の良し悪しが見えなくなってきている気がする。そろそろ潮時かもしれない。が、全く少ない金額で単勝を買っているぶんには家計に大した影響は無く、まあ毎回当たらないなあと思えど、このまましばらく続けていこう。
今晩の晩飯は予定ではいわしの干物だったが、臭みが気になり敬遠。いずれ廃棄する予定で、今晩のメニューは冷凍スパゲッティとした。こういう生活をしていると、血液検査はどうなるのだろうか、不安が有るが、まあ結果が出てからまた考えよう。

11月5日(日)
風が少し有り寒い朝だった。満月を少し欠けた月と星が良く見えた。
競馬はここ数か月、勝って楽しむというゲームから、何とかロスを少なくして楽しむゲームになってきている気がする。投票する点数は以前に比べ格段に減っている。いい加減に投票していた点を見直しているせいなのだろう。まあこれが正解ということなのだと思っている。如何に過去無駄な金を投じていたのか、いまさら反省してもどうしようもないが。今や蔵が建っていたかもしれない。といえ、楽しませてくれたのだからいいのかも。競馬3連ちゃんも今日でお終い。まあ楽しませてもらった。

11月6日(月)
風は少なく気持ちのいい朝だった。月も星も良く見えた。
アメリカで再び銃による殺害事件が発生した。26名が殺されたとのことだ。ついこの間から何回も銃による殺害が発生している。アメリカは銃規制について考えないのか不思議でしょうがない。銃の製造会社のたくらみなのはわかりきっているが、国民は何とも思わないのか。日本のように銃を徹底的に規制すべきだと思うがねえ?理解できないアメリカ。根本的に人間は悪人で他人を抑圧する動物だから、それを防御するのは銃機器しかない。ということなのだろう。要するに人々を信じていないということ。こんな不幸なことがいつまで続くのやら。
大空は雲一つなく真っ青で気持ちのいい午後だった。

11月7日(火)
風は無く寒くは無い朝だった。半月に近くなってきた月と星は良く見えた。
9時過ぎにスーパーに買い出し。10時半にはスーパーで買ったおかずで昼飯。ドラマを見て、その後NHKニュース。その後はケーブルテレビで麻雀を見る。あーでもないこーでもないと、意見を言いながら。これは脳の活性化につながる。その後洗濯物を取り入れ、歌謡曲を聞く。ふと庭を見ると草花が育ってきている。良い感じになってきた。その内雑草は摘んで、花が咲いてきたら写真に撮っておきたい感じだ。結構広い庭だと再認識した。IAさんのように野菜菜園が面白いと感じていたら、この庭は最適なんだろうが、いかんせん興味が全く無い。
来年は6月が祖母の33回忌、10月が祖父の37回忌だという案内がお寺から有った。娘二人が生存しており、また義理の娘も一人(裏のおばさん)。3人に声をかけて年忌をしようと思っている。質素にするつもりだが、いつまでこういう年忌をすればいいのか。

11月8日(水)
風もなく暖かい朝だった。月はおぼろげに見えたが星は見えなかった。本日はウォーキングルートを変えて歩いた。畑のミカンはどんな状態なのかを確認に行った。ペンライトで確認したところいくらか色づいてきており、今月末には収穫できるかもしれない。
朝7時頃から雨が降り始めた。
山田洋次の「故郷」という映画を観た。瀬戸内海の小さな島で埋立の岩石を船で運ぶ家族の話。時代の流れで生活していけなくなり、船を離れ都会に仕事を求め、島を離れる家族の物語。物悲しいけれどなんとも言えない落ち着いた雰囲気のいい映画だった。最後は思わず涙が出た。山田洋次は良いねえ。寅さん一家の集まりのような映画だった。
ニュースで過労死のことが報道されていた。今年だけで過労死の人は100人以上だそうだ。どうして死ぬ前に反発しないのだろうか。反発できないような状況に追い込まれていたというのだろうが、不思議に思う。生きているのは自分である。死ぬほどまで苦労して会社の為に何で頑張るのか。惰性で夢遊病者のような心境で、反発など出来っこないのかも知れない。が、いずれにしろ死んだらお終いだ。

11月9日(木)
風は少し有ったが寒くは無い朝だった。半月も星も良く見えた。
母は元気そうだった。いつもと変わらず言っていることが分からなく、会話にならなかった。
山田洋次作映画「キネマの天地」を観た。ものすごい豪華キャスト恐れ入りました。面白かった。涙がつい出てしまった。渥美清は演技がうまいねえ。賠償千恵子も実に良かった。この映画も「寅さん」シリーズのような気がした。有村也実という女性はインターネットで調べたら全然顔が違っていた。映画ではすごくかわいい良い娘に見えたけれど、今の顔は好きになれない。
午後は風が強かったが真っ青な空だった。
世の中色んな人間がいる。おれおれ詐欺、危険ドラッグ販売、格安フライト詐欺、サケの腹わた裂き卵を盗む奴、子供に対し体罰を強制的に繰り返す教師、弱い女性を何人も殺す男、アメリカでは多くの一般人を銃で殺傷する人間、ISのように人を殺すのが目的とした人生が正しいのだと信じている人間、数えきれない人間の非道が繰り返されている人間社会。最たるものが戦争だ。太平洋戦争を非道に起こした日本人は本当に信じられない人種だと思う、が、それが復活されそうになってきている。
安倍はおそらく更なる国民からの信任を得て、改憲して戦争が出来るようにするのだろう。対象は北朝鮮国民を大量虐殺したくてうずうずしていると思われる。そういう人間を首相に選んだ日本人も同罪だと思う。世界の中で一番恐ろしい人種は日本人じゃあなかろうか。戦争映画を観ていて日本人は外国の軍人と極端に違う。徹底的にいじめ思想で痛めつけ部下を教育じゃあなくしごくそれを楽しんでいる。外国人は戦争中でも個人を大切にする思想を持っていた。日本人にはそういう考え方、人情が欠落していた。日本人は本当に非情なる人種ではないのか。恐ろしい。軍事費を更に拡大し軍事大国を目指す、そういうことを求めている日本人が拡大している。それはないだろうと思うのだが。
IAさんが昔取りつかれていた釣りに、再び最近熱中しているブログの記載が何度も出されている。腰の方は大丈夫かいなと心配しているが、好きこそ何とか言うようにもう誰が何と言ようが、我が道を進むですかね。そういう心境は自分には理解できないというより、まあ好きなように人生生きればいいねという感じかな。更に驚くのは料理。本当かいなと思ってしまう。ようやるよ。料理に興味を持ち始めたそうだ。完全に負け、とても私には出来ません。

11月10日(金)
風が有って寒い朝だった。うっすらと雲がかかっていたが、半月と星は良く見えた。
今日は内科に定期検診。血圧は132-70で問題なし。血液を採取され来月結果が出る。尿検査は少しタンパクが出ていたが糖は出ていなく特に問題なし。インフルエンザの予防接種を受けた。1,000円也(知多市の援助で65歳以上は1000円。他は3500円とか)。今日の内科はインフルエンザ予防接種の人達が多くて混雑していた。
(管理人・荒川区は高齢者で2500円。知多は良心的ですなあ)
座間市の9人の殺害事件。信じられないことだ。殺した人間も、殺された人間もどういう人間なのか理解できない。片や死にたい、片や殺したい。実にいやらしい聞きたくない事件である。
先日アメリカのトランプが日本に来て安倍とゴルフをしていたようだが、まあ遊びに来ていたのかも。なんか戦闘機とか軍備関連の買い物を安倍がしたとか。益々軍備増強で軍事国家となっていくのだろう。昔の大日本帝国に近づいて行っているような気がする。

11月11日(土)
今朝は雨の為ウォーキングは中止。競馬新聞は車で雨の中コンビニに買いに行った。今日の競馬は声が何度も出たが、結果は1レースのみゲットでトータルとんとんの収支だった。年と共に馬を見る目が衰えてきている様な気がする。まあそこそこ大声を出して少ない金額で楽しめれば御の字なのかも。

11月12日(日)
風が有り寒い朝だった。三日月と星々が良く見えた。今朝は歩いてコンビニに競馬新聞を買いに行ってきた。
競馬は収支ほぼトントンで楽しめた。結構大声を出していたようだ。WIN5は久しぶりに1億円を超える配当だった。土日競馬三昧の2日だった。酒も飲み放題。

11月13日(月)
風は吹いてなかったが寒い朝だった。三日月と星は良く見えた。
畑に行ってミカンの状況を見てきた。まだ半分ほど青みがかっていて、成熟するのは2週間後くらいかなと思えた。無事収穫できるといいが。
今の自分を見ていると専業主婦のような生活だなという気がする。朝起きると一応はウォーキングをするが、終わった後は仏壇、神棚のお水の交換、朝食を作り神棚仏壇に飾る。30分後にお下げをして食し、食器を洗う。週に2〜3回洗濯。トイレ掃除、昼食の準備、ほっと落ち着いて酒を一杯。風呂を沸かして、夕食の準備。その前にスーパーに買い出し、夕食が終われば食器洗い。ほっと落ち着いて酒を一杯。テレビを観て、風呂に入り、8時頃には就寝だが、最近は時間が乱れている。つい眠ってしまい10時頃就寝ということも。翌朝は3時頃には目が覚め、3時半頃に起床し、ウォーキングに出かける。合間合間にビデオを観て楽しんでいる。そして土日は一日中競馬観賞。大声を出してストレスを発散している。
まさに大まかに専業主婦の生活だな。よう続いているよ、6年以上が過ぎている。これは自分が決断したことで納得済の人生。母はまだまだ長生きしてくれそうで嬉しい事だ。でもいつかは亡くなる。その時はその時で今後どうするかを決めようと思っているが、おそらく埼玉のマンションに住んでいる妻の元に帰ることになろう。

11月14日(火)
風は無かったが寒い朝だった。三か月は東の空低くに良く見えたが、雲が少しかかっていて星はあまり良く見えなかった。
一昨日の夜イラク国境付近のイランでM7.3の大地震が発生して、約450人以上の人が死亡したそうだ。確かにイラン、イラクの家はレンガ作りで地震には弱くほとんどの家が倒壊したと思われる。
クレージーキャッツ「黄金作戦」という映画を観た。これまでクレージーキャッツの映画は全て面白かったが、この映画はムムムという感じだった。面白くなかった。不自然さが多すぎたせいなのかと思う。クレージーキャッツは不自然さの中でも分かる分かるという物語を演じてきてくれた、がこの映画にはそれが感じられなかった。

11月15日(水)
今日も風は無く寒い朝だった。月も星も見えなかったが、その後空はからっと晴れて良い天気になった。気温もそれほど寒くは無かった。
映画「無限の住人」を観た。ばっさばっさ人を切りまくる場面は迫力が有ったが、さすがに切り過ぎて終わり頃には、もうやめてくれという心境になった。管理人さんはキムタクシャベリが気に入らない様だが自分にはあまり気にならなかった。
さんまの漁獲量が激減しているため、さんまの缶詰の値段が上がるそうだ。安い値段で食べられたのに一気に40円〜70円も値上げするそうだ。さんまが一番高い缶詰になってしまうようだ。世界中で海の幸を取り過ぎてその内、魚がいなくなってしまうのじゃあなかろうか。今晩の晩飯はさんまの缶詰、まあまあの味だった。が、やはり缶詰と言えど魚のあの気になる匂いは残っていた。今の自分その匂いが気になってしょうがない。
またまたアメリカで銃の乱射事件、小学校だそうだが4名が死亡したとか。どうなっているのか。犯人は警官に撃ち殺された。いつもの状況だ。
今大相撲は九州場所、以前ひいきにしていた照ノ富士、左足が痛々しく4連敗。大関を陥落して今関脇だが、これもダメだな。小結、平幕にどんどん落ちていくと思われる。相撲に出なくてまずは左足のけがを完治するのが不可欠のような気がする。完治すれば力のある力士、必ずカムバックできると思う。

11月16日(木)
風が有り寒い朝だった。星は良く見えたが月は見えなくなっていた。
いつも歩く歩道際にはイチョウの木が何本も生えているが、ずいぶんと葉が黄色くなってきた。何本かは銀杏の実が落ち、歩行者によって踏みつぶされ汚い状況になっている。
最近でもないが男と女の殺人事件はとどまることなく頻繁に起きている。恐ろしい事だ。脅し脅され、腕力で従わせようとする、だましだまされの事件が毎日頻繁に起きている。恐ろしい人間社会だ。全世界でのことで、人間はそういう動物だということなのだろう。
大相撲、照ノ富士休場だそうだ。遅すぎる。しっかり治療して復活を期待したい。
母は変わらず元気だった。別れ際、珍しく「帰るのか?」と声を掛けられた。どれくらいの比率なのかは分からないが、しっかりしているところが有るのだと思った。
ドラマ「コウノドリ」をいくつか観ているが、毎回感動で涙が止まらない。子供が生まれるということは素晴らしい事で、それをうまくドラマ化しているのは上手いものだ。まだまだ有る物語、楽しみにしたい。

11月17日(金)
風が少し有り寒い朝だった。手袋の先端に痛みを感じるほどだった。星は雲間に見えた。
明日からは冬用ジャンパーに変えよう。
今朝物干し場に行ったら、猫の糞隠しの範囲が広がっているのに気が付いた。猫除けの顆粒を撒いて置いたのだが効果が無かったようだ。除草剤が果たして効果が有るかどうか分からないが、試しに周りに撒いて置いた。
映画「クレージー黄金作戦」をもう一度観た。たわいないあほらしい無茶苦茶な筋書きだが、じっくり見てみると実に面白かった。本当にあほらしい展開、筋書きだけれど、この中で生きていたのは植木等である。周り全てであほらしい状況で唯一しっかりと主人公が描かれていた。植木等はしっかりと演技していて、それが素晴らしかった。前回の感想を撤回したい。
墓参りしてきた。先月飾った花と違う花が飾られてあった。以前にも同じことが有ったが誰なのだろうか。分からない。まだ枯れていなかったので買ってきた花をつぎ足した。

11月18日(土)
今朝は雨降りの為ウォーキングは中止。
午後になってようやく雨はやんだ。今日は棚経でおっさんが仏壇で拝んでくれた。父の月命日18日。おっさん風邪をひかれてぐしゅぐしゅされていた。
本日の競馬はあまり声が出なかった。そこそこの負けだった。

11月19日(日)
風が有り寒い朝だった。星が良く見えた。
今日の競馬はそこそこで負けは無かった。大声が出たのは2つのレース。いずれも勝った。だがあまりレースを買わなくなったが難しいというより分からない、ピンとこない。今後もこういう感じなのだろうな。今日のG1マイルチャンピオン買った馬は鼻差の2着、残念だった。
(競馬に関心のない人はスルーしてください。WIN5という馬券は連続する5レースの1着馬を当てる馬券です。1レースの勝ち馬を当てるのさえ難しいのに、5レース続けて1着馬を当てるなんて、難しいなんてものじゃあ無い。当てられたらそれはまあまぐれという範疇。本日は1、6、2、2、4番人気の馬が勝ち、配当は383万8270円(100円の馬券に対して)。人気の組み合わせ次第で億円の配当となる。どういうふうにチャレンジするか。しばらく前迄は、1レースで2頭選んで5レース選ぶと32通りの組み合わせ馬券となる。つまり1回で1通り最低の100円を賭ければ3200円となる。これを毎週日曜日に賭けてきた過去。1か月で3200x4=1万2800円の賭け。これは痛い。勝率ほぼゼロの馬券。いつまでも続けられる訳がない。ということで、全くのまぐれを期待して少ない金額で楽しむWIN5馬券を考えた。過去のデータを参考にして1週400円だけで楽しめる馬券を決めた。そのうち当たるだろうなんてはかない期待をしながら。ただこの馬券は億円馬券からは程遠い馬券。当る確率の比較的高いデータ上、こうなってしまう。)
大相撲は慌ただしい状況だ。まあ昔から暴力が当然の世界だとは理解している。今さらという感じだが、ビール瓶の殴打いかんははっきりせにゃああかんなあ。ビール瓶での殴打は殺人につながる。気性の激しい相撲界。はたして事実はどうだったのか。

11月20日(月)
風は無かったが寒い朝だった。もうマフラーが必要だ。雲が多く星は見えなかった。
庭の猫の糞隠し範囲が広がっているため、猫が嫌う顆粒を買ってきて、周りに撒いて置いた。果たして効果ありや。今朝も物干し場の屋根に猫がいた。午後散歩がてら畑のミカンを見てきた。あと2週間位しないと色づんでこない感じだった。数は随分と生っていた。空気は寒く無かった。
大相撲も大変だなあ。日馬富士問題と、稀勢の里の弱さ。何でこんな力士を横綱にしたのか、おそらく近いうちに稀勢の里引退するのじゃあなかろうか。横綱昇進前のむちゃな相撲(相手は優勝争いをしていた照ノ富士)で左肩を痛めその為数場所棒に振った。あそこで無理していなければ悠々と横綱になっていたかもしれない。運なのだろうな、たまたまそういう相撲に引き込まれてしまったということだろう。見ている限り稀勢の里の復活は期待できそうもない。またまた休場か。本当に弱い横綱だと思う。が、どこまで盛り返すのか。

11月21日(火)
風が少し有り寒い朝だった。今日初めてマフラーをした。雲は少し有ったが星は良く見えた。
床屋に行ったら本日は定休日だった。月火が定休日だったことを忘れていた。これも老人力なのだろうか。
稀勢の里休場だそうだ。やはりね、おそらく引退も考えているのじゃあなかろうか。左の肩は大丈夫になったが左の足腰に力が入らない、そのように見えると解説者が言っていた。
最近指の力が弱ってきていることを感じる。ボトルのキャップを開けるのに一苦労。指の皮膚もすべすべで新聞をめくるのもままならない。乾燥していて湿り気が無い。簡単にアカギレと成ったり。まさに年寄りと言う感じになってきた。
麻雀の番組を良く見ている。プロが打つ手筋に対してそうじゃあないだろう、こっちだよ、などと騒いでいるが、これは頭を使っていていいことだと思っている。以前知多市のマージャン同好会に通っていたが、ある日突然行くのを止めた。表上、同好会の一人のおばさんがやりたい放題でとても我慢がならない、ということで行かなくなったと説明していたが、本当は、これ今では持病となっており薬を服用しているが、手の震えが制御できなくなったためである。日本酒の徳利でおちょこに酒を注ぐ時震えて注げない。一時は文字を書くのも震えてままならない。そんな状況が麻雀をやっている時、突然発生して麻雀牌を積むこともままならなくなり、これはもうダメだなと諦めた。パーキンソン病ではないが、脳の一部に不具合が発生して手の震えが発生するのだそうだ。毎日薬を飲んで治療している。本当はマージャンずーっとやっていたかったのだが。(こんなこと以前にも書いたか記憶が無い)
庭の猫の糞隠し付近、変わらない状態だった。数年前に子猫5匹が庭の片隅にたむろしており、とてもかわいらしく思わず写真を撮ろうとしたけれど、逃げられてしまったことを思いだす。インターネットで最近猫の写真、動画が非常に多く掲載されている。かわいいと思う反面、強烈な残虐さも兼ね備えている動物である。以前庭に子猫がのどを食いちぎられ死亡しているのを見、処分したことが有る。毎日野良猫も生きるか死ぬかで必死なのだろう。そういう意味では家猫は幸せだろうな。

11月22日(水)
風は無くそれほど寒くは無い朝だった。全天曇りで星は見えなかった。
物干し場の猫がきらう顆粒の効果は無く糞の数が増えていた。顆粒をバッチリ撒き、更に周りにネズミ取りマットを敷いた。困ったものだ。
散髪に行ってきた。2か月半ぶり。さっぱりした。
何年か前に「煮干し」を買ってカルシウム補給の為食べていたが、ここのところ全然食べていなかった。今日スーパーで食べる小魚というのを買ってきた。酒のつまみに食する予定。本日の晩飯は鳥焼きを急きょ変更して、ちくわとはんぺん。スーパーで美味そうに見えた為買った。

11月23日(木)
今日は雨降りの為早朝ウォーキングは中止。午前8時頃には雨は止んで晴れてきた。
母に会ってきた。変わらず元気そうだった。
帰りにスーパーに寄って運動靴を買ってきた。ウォーキングに今履いている靴は不具合が発生して、どうしてだか分からないが歩いている内に右足の靴下が180度反転してしまう。こんな経験は初めてのことだ。
山田洋次「家族はつらいよ2」を観た。前作は忘れてしまったが、今回はあまり面白くなかった。主人公の年寄りの親父が気に入らない。こういう身勝手な年寄は世の中一杯いるのだろうな。ここで物語の興味は半減した。裕福な家で家族が何人もいる、何人もいても魅力ある子供は一人もいない。唯一魅力が有るのは二男の嫁さん候補の看護師さんのみ。面白おかしく作られてはいたが、今一ピンとこなかった。最後は高校時代の友情を一杯に表現していたが、これもピンとこなかった。

11月24日(金)
風が強く寒い朝だった。新しく買った運動靴は軽くて調子いい感じだった。雲が少しかかっていたが星は良く見えた。
三菱マテリアルの不正が報道されていた。またかという感じだ。
物干し場にネズミ取りマットを仕掛けておいたが、1枚に猫が引っかかりかろうじて逃げ切ったようだ。マットが違う場所にひっくり返っており、猫の毛がいくつも付いていた。もうこの猫は近づいてはこないだろう。物干し場を猫の糞場所にされてはかなわない。庭は広く他の場所ならどこでもいいのにと思っているが。
映画「ヴァン・ヘルシング」を観た。吸血鬼にまつわる全編CGたっぷりで迫力は有ったが、途中でいい加減嫌になりいくつか飛ばして観た。こういう映画は好きになれない。CGは迫力満点だったが、自分には合わない。
夕方競馬新聞を買いがてら午後の散歩に行ってきた。良い天気でイチョウの葉の黄色が鮮やかで気持ちよかった。空も雲は多少あったが青空でいい感じだった。
右の腰に違和感を感じた。周期的な腰痛なのだろう。

11月25日(土)
風が強く寒い朝だった。少し雲がかかっていたが星は良く見えた。
今日の競馬はそこそこ頑張って大声も出て負けは無かった。明日はG1のジャパンカップ。パドックが楽しみだ。
エジプトではテロにより235人(後日305人)もの人がモスクで殺された。日本でも毎日殺人事件が発生している。人は人を殺す、自分が生きるために、ということなのだろう。宗教、信じる事が違う人間は許せないという。こんなことがいつまで続くのだろう。というより、はるか昔から続いている殺し合いの世界、永遠に続いていくようだ。人間とはそういう動物なのだろう。
大相撲色々有ったけれど結局は白鵬が40回目の優勝。この人を負かせられる力士はいない。日馬富士どうなることやら。

11月26日(日)
風は無かったが寒い朝だった。星は良く見えた。早朝ウォーキングをかねてコンビニに行き、競馬新聞を買ってきた。帰りは道路に沿って歩いてくるのだが、時間が時間だけに行き交う車はほとんどいない。
どうも腰の調子が良くない。足が重く特に右腰が痛んだ。
大津波警報訓練が放送されていた。家のすぐ裏に設置されたスピーカーの声は大きくはっきりと聞こえた。大地震はこれから先30年以内に70%の確率で発生すると言われている。
競馬G1レース、ジャパンカップ。5番人気の馬をゲットした。パドックで良く見えてこの馬を買うことを決めたのだが、その後のパドックが報道されなくいらいらしていた。止む無く1頭の単勝を購入した。レースが始まり、ゴール前大声でいけーいけー、すごかったなあ。単勝は13.3倍。やあ大声を出した、本当にようやってくれた。実に興奮した。大声を発生し、右手を突き上げた。「やったー」と。こういうことは珍しい事だが、たまにはいいのじゃあなかろうか。嬉しかった。まあ大した金額を賭けているわけでは無く、本当に勝ち負けを予想する楽しみをしている様なもの。
今晩の晩飯は冷凍餃子に変更。サケは再び冷凍に戻した。餃子はまあまあ美味かった。

11月27日(月)
今朝はルートを変えて歩いた。畑に寄ってミカンを1個捥いできたがまだ青い(食べてみた。酸っぱくは無かったが甘みが今一で後1週間位必要かも)。星は良く見えた。
先月中止となった資源回収。2か月分でかなりの量が有った。ずーっと新聞等を車に積みっぱなしだったが、すっきりとした。
昨日女性が誰かに背中を刺される事件が発生したが、犯人は12歳の中学1年生だとか。動機は「人を傷つけたくなったから」だそうだが、この少年将来どんな人間になるだろう。以前名大の女学生が人を殺したくてたまらないという性格に育ったが、それと同じような状況で恐ろしいことだ。
映画「ニューヨークの恋人」を観た。悪人が一人もいなくファンタスティックで、楽しい映画だった。面白かった。
午後の散策に行ってきた。比較的暖かい午後だった。いちょうの紅葉がきれいだった。畑のミカンの写真も撮ってきて管理人さんに送った。あと1、2週間で完熟かな。今日の散策でいくつか気が付いた。古い家が多いけれど、空き家になっているのが目についた。こういう家は売地とされているが、何か多すぎるような気がする。あちこちで売地の看板を見る。そういう自分も母が亡くなったあかつきには、この土地と家を売りに出そうと考えている。売れるのかどうかは分からない。
世の中本当にアホな人間がいるものだ。競馬で百万馬券を獲る、などと大ぼらを吹きしゃあしゃあと能書きをたれて馬券をひけらすが全て外れ。アホ丸出しのこの人、今後どうなるのだろうか。見ていてアホな人間だなあと思った。
・・・などと言いたいことを書いているが、ここ知多に来て6年以上が過ぎた。今は毎日生活基本の事を消化する毎日となっている。旅行とか外に出ることなど考えられない。昔から出かけることが好きでは無い、旅行も滅多に行かない。妻は好きにしていいと言ってきた。妻は時々旅行に行っていた。自分はほとんど無し。全くの出不精なのだ。苦痛でも何でもない。

11月28日(火)
風は無かったが寒い朝だった。星は良く見えた。腰の調子はいくらか良くなってきた感じがした。
東レもか。試験データの故意的な改ざん。あきれ返ってしまう、日本企業ここまで落ちたか。改ざんが分かってもすぐに公表しないトップの体質、みんな同じだ。腐っているよ。これまで明らかになっている企業だけでなく、おそらくはるかに多い企業が同じことを繰り返しているような気がする、ということは、日本はお終いだ。おれおれ詐欺を非難など出来る国民じゃあ無い。国民が皆同じことをしているのだものなあ。アホな世の中になったものだ。昔もそうだったかも。が、自分が携わった仕事に改ざんは無かったと自信を持って言いたいが、下請けがそうしていたらわからないなあ。日本だけでは無く世界全て同じような気がする。みんな食うために必死なのだろう。
午後麻雀番組を見たが、へたくそだなあ。そうじゃないだろう、と何度も叫んだがみんな違う手を打った。プロ女流麻雀レベルは低い。

11月29日(水)
風は無く冷たい朝だった。雲が多くかかっており星は見えなかった。
北朝鮮がまたミサイルを発射した。アメリカロスに届くようなICBM級のミサイルだそうだ。安倍は万全の対策を取っていると言っていた。万全の対策?何じゃいそれは。具体的な説明はまるで無し。単なる言葉だけ。思うに観測だけをやっているのだろう。もっとも国民を守る対策などありゃあしない。打たれたミサイルを撃ち落とす以外には無いと思うが、そんなこと出来ないよなあ。全国そこらじゅうにミサイル迎撃システムを設置しなければならない。そんな時間と金がどこにある。それをいけしゃあしゃあと万全の対策をとっている、のだそうだ。うそ丸出しだわなあ、言っている本人気が付いているのかねえ。
日馬富士引退だそうだが、まあそうなるわなあ。大相撲の世界はようわからん。
昼のNHKひるブラでクルマエビの養殖番組を放送していた。昔自分が子供の頃、我が家は半農半漁で米も作っていたが、海苔と漁師もしていた。クルマエビも結構獲れていて売りに出していたことを思いだした。クルマエビは高く売れる為めったに食べさせてもらえなかった。番組では1kg(約30匹)1万円だそうだ。やはり今も高いエビだなあ。実に美味そうだった。ここ何年食べていないのか、一昨年のお節料理で食べたかも。
午後の散策に行ったけれど、2軒隣で懐かしい人に会い色々と話をした。私より3歳年上の人で膀胱がんで膀胱を全摘したとか。顔色は非常に良く元気そうだった。その人は板金業をしている人で今は息子さんがやられているのだが、他人の不良の子供を学校から勧められて雇い、その人は今や立派に職人として育っているとか、まあ色々話を聞かされた。散策後もまたまた会い、猫の話し。野良猫に餌をやっているという話し。以前となりのおばあさんから聞いた話は本当で、猫の面倒を見ておられるということだ。白い猫が近づいて来て、じっとこちらを見ていた。
散策は神社の狛犬(こまいぬ)を写真に撮る目的だった。歩いて7、8分位の神社に行ってきた。ちゃんと写真を撮ってきた。先日テレビで神社の狛犬を写真に撮るのが流行っていると報道されていた。狛犬は一品一品の注文生産で全て違っていて、報道していた人は800種類以上の写真を撮っていると言っていた。ということは今日撮ってきた狛犬の写真はめずらしいのじゃあなかろうか。誰もあまり知らない神社だものなあ。この神社の他に近場であと2つ神社が有る。それも近々撮っておこうと思っている。

11月30日(木)
風は無く寒くない朝だった。星は見えなかった。今日は1日曇りだった。
母に会ってきた。変わらず元気そうだった。話していることは理解できなかったし、こちらが話す内容も理解していないようだった。まあ、元気で有ればいい。
毎月恒例の神棚のお神酒、米、塩の交換完了。だんだんとおっくうになってきた。
11月も今日で終わり。明日はもう12月。1年が終わろうとしている。
今年70歳になり、身体の衰えを実感している。特に御嶽神社の階段がきつく手摺をつかまないと登れなくなってしまった。明日行くのだが、登れるやら。
午後に畑に行ってミカンの状況を見てきたが、あまり変わらずまだまだ青い部分が多かった。
今晩の晩飯は豚肉、玉ねぎの野菜炒め。ぜんぜんうまくなかった。次回からはこの組み合わせは止めだ。実に不満足な晩飯だった。せっかくスーパードライの生ビールを開けたのに、残念。本当に料理のセンスが無い事を再認識した。







[ 1 - 5 件 / 1211 件中 ] 次の5件 >>