HDクラッシュ・データ消失危険回避用の映画の適当感想、 雑文、小説等々の置き場です。
 
2018/06/02 12:34:00|その他 
更新情報 06/17
カテゴリー「映画の雑文」に、「空虚超大作映画『ジオストーム』」アップしました。空虚超大作映画を連発するローランド・エメリッヒのお仲間が監督だというので、どんなもんだろうと観てみたら予想通りの映画でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=187581

カテゴリー「映画の雑文」に、「B級ホラー『地獄の変異』」アップしました。謎の洞窟が見つかり探検に行くとそこには・・・という手垢で汚れた設定のB級ホラー。このところ、どうも駄作ばかり選んで見て時間を無我使いしているような気がします。(^^;
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=187363

「気まぐれ日記」に続いては、日進IAさんからの「そら豆通信VOL.32(5月)」アップです。てっきり今月からはIAさん自身が立ち上げるブログ「wildboar」にアップされるものだと思っていたのですが、「迷走」に送られてきました。にこにこ(^^)/。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=187035

月の初めは、これっ。愛知県は知多市のKSさんから恒例の「知多の日々気まぐれ日記:2018年5月」。今回はけっこう愚痴が多いように感じます(まあ、安倍、麻生の坊ちゃんコンビの大噓、やりたい放題を見ていると、愚痴の一つも言いたいのはよくわかりますが)。やはり1人暮らしの悪影響が出ているのではと、ちょっと心配になります。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=186951

カテゴリー「映画の雑文」に、「タイトル詐欺?『忍者武芸帖 百地三太夫』」アップしました。話は適当、いいかげん。タイトルに名前のある百地三太夫は映画の開始直後に死んでしまうし、・・・まあ、さすがに若いころの真田広之の動きはいいので、彼のプロモーションビデオのつもりで見るしかないですね。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=186787

カテゴリー「映画の雑文」に、「殺戮シーンの連続『RE:BORN(リボーン)』」アップしました。最近の日本映画によくある死んだ後まだ形が変わった生があるかのごとくの「生まれ変わり」か、挫折からの「再出発」のような映画かと思って見たら、アクション映画でした。というか、アクションだけの映画でした(^^;。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=186554

カテゴリー「映画の雑文」に、「『亜人』で唖然」アップしました。最近の日本映画は、原作がマンガかライトノベルで、人生やりなおしとか死なないとか蘇りとかいうようなものが圧倒的に多いがこれもその1つ。年寄りには、ちょっとついて行けない映画でした。(^^;
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=186115

カテゴリー「映画の雑文」に、「生きていることの意味『スローターハウス5』」アップしました。「タイタンの妖女」や「猫の揺籠」のカート・ヴォネガット・ジュニアの原作を、「明日に向かって撃て!」のジョージ・ロイ・ヒルが映画化。時空をランダムに行き来するともすればわかりにくくなる映画だが、うまく交通整理ができていて感心しました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185815

カテゴリー「テレビの雑文」に、「テレビ朝日系列の『特捜9』」アップしました。5/2に放送された話のポイントは3.11以降行われた東電の脅迫停電こと計画停電。本当にドラマのような推移で行われたのかどうか、気になったので調べてみました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185696

「気まぐれ日記」に続いては、日進IAさんからの「そら豆通信VOL.31(4月)」アップです。3月は怒り大爆発だったIAさん、今回は怒りをおさめて書いたとありますが、そこここに噴火の兆しが・・・(^^;。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185658

5月になりました。愛知県は知多市のKSさんから恒例の「知多の日々気まぐれ日記:2018年4月」が届いています。今年もツバメがやってきたようで、さて、うまく子育てできるのかどうか、追跡調査をお願いします。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185611

カテゴリー「映画の雑文」に、「後半がっかり『スタントウーマン/夢の破片』」アップしました。「007トゥモロー・ネバー・ダイ」のヒロインも務めたミシェル・ヨーおばさん主演で、前半はそれなりにおもしろく出来ているのですが、突然、香港黒社会がからんできての復讐物語に。ということで、後半は欠伸の連発。(^^;
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185430

カテゴリー「映画の雑文」に、「B級そのものの『ギャラクシー・オブ・テラー恐怖の惑星』」アップしました。B級映画の大御所ロジャー・コーマン製作なので期待?に違わずB級そのもののSFホラー映画。チープなセットと知らない俳優は、ある意味お約束。前半「エイリアン」、ラスト「禁断の惑星」という話そのものもイタダキ混ぜ合わせのB級。これで金とったら詐欺ですな。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185252

カテゴリー「映画の雑文」に、「ジェット・リーの=『スウォーズマン女神伝説』」アップしました。世界征服を可能とする秘術「葵花宝典」をめぐり、超能力者とカンフーと剣の達人ジェット・リーたちが闘う伝奇映画なんて書くとおもしろそうですが、ジェット・リーの動きの素晴らしさを見るだけのような映画でした(^^;。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=185062

 多摩のIHさんから八重桜の写真の投稿がありました。「サクラの季節」は、まだまだ続きそうですね。(^^)/
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=184883

お待たせしました。日進IAさんからの「そら豆通信VOL.30(3月)」アップです。読んでみましたが、IAさんの3月は「怒り爆発月間」でした。私も、よくわかります。我々、老人は先がそんなに長くないのですから、のんびりしているわけにはいかないのです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=184858

カテゴリー「映画の雑文」に、「侍=『宮本武蔵』」アップしました。稲垣浩監督の東宝版3部作と内田吐夢監督の東映版5部作について、思いつくままどうでもいいようなことを、だらだらと書いています。暇な人だけどうぞ。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=184788

4月になり、KSさんから恒例の「知多の日々気まぐれ日記:2018年3月」が届いています。そろそろ老人連盟も動き出しますかねえ(^^)/
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=184746

カテゴリー「テレビの雑文」に「年末年始のテレビ視聴率」アップしました。視聴率12%以上とった番組を調べてみたのですが、最初から最後まできちんと見た番組が1つもなかったことに若干驚いています。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=181800

カテゴリー「映画の雑文」に「47本=2017年に見た映画」アップしました。いやあ、なんだかんだと言っても暇ですなあ。ベスト1はクリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」。これがプロフェッショナルだ、と思わせる見事な出来映えの映画でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=181737

カテゴリー「映画の雑文」に「「シネラマ」という映画規格」アップしました。いつの間にかなくなってしまいましたが、半世紀も前に「シネラマ」という巨大スクリーンを使う映画規格がありました。「バルジ大作戦」「グラン・プリ」「2001年宇宙の旅」など、おもしろい映画もあったんですが金がかかりすぎたんでしょうか。今では上映館もすべてなくなってしまいました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=181214

「見当ハズレの山尾議員バッシング」
 アニマルボイスに書いたものの再録です。大きな問題を下世話な倫理の問題にすり替えて叩くというのは沖縄密約問題以来の権力者の常套手段ですな。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180362

「タバコ増税の方向転換?」
 今までタバコ増税の根拠としての錦の御旗は「健康」。ところが、今回の値上げ論には「健康」の言葉が全く出てきません。実は、政府・役人にとって「健康」なんてものはどうでもよく、金をとれるところからとろうというだけのことです。方向転換というよりも、ついに「本音」が出たということです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=180325

カテゴリー「テレビの雑文」に「『月曜から夜ふかし』で『やらかし』」アップしました。マツコと関ジャニ村上がMCの素人いじり番組である。この番組の中でインタビューされた女の「十四歳とき妊娠させて逃亡した」とされた男が別人だったという話がネットで話題になっています。私は、この「事件」すべてが仕込みであり、やらせだと思っているので、ちょっと書いてみました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=177646

カテゴリー「テレビの雑文」に「三ツ矢サイダー事件」アップしました。こんな屁理屈でCMが中止になっちゃうんですねえ。「真似したら」という屁理屈を是認したら世の中のほとんどのCMやドラマはNGでしょう。おかしな世の中になってしまいました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=157063

 カテゴリー「映画の雑文」に「いろいろあった2016年に見た映画いろいろ」アップしました。本当に(それも、よくないことばかりが)いろいろあった2016年でした。あまりいい予感はしないのですが、今年はどんな年になるのでしょうか?
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=153733

カテゴリー「映画の雑文」「『映画の雑文第1回』再録」アップしました。アクセス数200万突破を記念して、誰に見せるというアテもなく「映画の雑文」を書いていた時代の第1回を再録しました。関心のある奇特で、さらに暇のある人はどうぞ。(02/10)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=142009

 カテゴリー「映画の雑文」に「2015年に見た映画一覧」アップしました。年間52本という数字はどう考えても暇な人間であることの証明です(^^;。(01/09)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=107951
 

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題03終」をアップしました。素晴らしい邦題、どうしようもない邦題、いろいろありますが最近は原題の英語をカタカナにしただけのものが多く、英語に弱い私のような者には内容がさっぱり・・・。(07/08)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=102776

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題02」をアップしました。しかしまあ「愛と青春の旅だち」「愛と哀しみの果て」「愛と追憶の日々」・・・なんでこうも似たようなタイトルばかりになるのでしょう。そして、名作をダイナシにした史上最悪のタイトル怒る(07/02)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=102568

 「映画の雑文」に「洋画の原題と邦題01」をアップしました。最近はカタカナタイトルの洋画が多いなぁと思いつつ、素晴らしい邦題や、関係者を怒鳴りつけたくなる邦題について、思いつくまま書き散らしました。(06/27)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=68060

 カテゴリー「映画の雑文」に「映画の終わり方」アップしました。このEMWにおける「迷走」ブログの更新はこれが最後です。長年のご愛読?ありがとうございました。(03/28)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65769

 カテゴリー「映画の雑文」に「お気に入り映画100」アップしました。アメリカのAFIの映画歴代のベスト100というリストを見ていたら自分好みのベスト100を作ってみたくなりました。(02/17)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65425

 ちょっと事情があって以前アップした「私の『がん』闘病記」少し手直ししてアップしました。がん一般の話ではありませんので、関心のある人は、この人の場合はこんな治療をしたんだという程度にお読みください。(01/16)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=65217

 カテゴリー「映画の雑文」に「今こそ『西部戦線異状なし』を見よう」アップしました。「集団的自衛権」「原発」「秘密保護法」威勢のいい叫び声ばかりが聞こえてきますが、「集団的自衛権」にしても、国を守るのは当たり前だろう、という一言で議論は終わり。なぜ今まで法制局は「集団的自衛権」は憲法に抵触するとしてきたのか、なぜこの時期に抵触しないと方向転換したのか、新たな法律を制定しないと国を守れないような状況にあるのか、などといった議論の深まりはなく、反対する者は非国民と言われかねない状況です。これは、こういう状況の時にこそ見るべき映画です。(12/09)
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=64927

※以下は旧「イージー・マイ・ウエッブEMW」でのリンクです。EMWが東京ケーブルの勝手な理由で廃止になり、そのままLIFE CLIPに移行できるという話だったのですが、移行に際して記事のURLが変わってしまったため、クリックしてもつながらなくなってしまいました。お手数ですがタイトルでサイト内検索してください。

2014年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=22512

2013年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=19107
 
2012年に見た映画一覧
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=16413
 
2011年に見た映画一覧
 
私の映画オールタイム・ベスト10
 
「JIN-仁-・完結編」徒然日記(全)
 
「JIN-仁-」徒然日記(全)
 
大塚久雄「社会科学における人間」
 
 ★ブログの趣旨についてはカテゴリー「『現在迷走中』について」を見てください。







2018/06/17 10:16:00|映画の雑文 
空虚超大作映画「ジオストーム」
「ジオストーム」☆☆★★

CGで何でもできるようになったから、ひとつ地球・宇宙規模の大デザスタームービーでも作るかという意図の下に作られた映画(あくまでも推測です(^^;)。監督のディーン・デヴリンは、眠りとの闘いがキツかった「スターゲイト 」、あの退屈なアメリカ版「GODZILLA」(1998年)やさらに退屈な「インデペンデンス・デイ」「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」などの製作・シナリオに関わった人物と書けば、おおよそ映画のイメージが浮かび上がってくると思う。いずれも空虚超大作を得意とするローランド・エメリッヒ監督とのコンビだったが、今回は監督・製作・脚本を兼ねることになった。

主演のジェイク・ローソン役はジェラルド・バトラー。300 〈スリーハンドレッド〉のレオニダスや、「キング・オブ・エジプト」で悪役セトを演じた俳優だ。あとは見たことがあるような気がするのだが名前を思い出せない俳優だったり、見たことのない俳優がぞろぞろ出てくるが、エド・ハリスが極めて重要な役で出てくるので注目したい(ネタバレになるので詳しくは書かない)。「ライトスタッフ」や「アポロ13」「スターリングラード」などでいい演技を見せたエド・ハリスも歳をとったなあ。それでも、存在感を見せつけるところは、さすがだ。

時は2019年。世界の共同製作でダッチボーイと呼ばれる自然災害を未然に防ぐ衛星システムが稼働を始めた。ちなみに、ダッチボーイとは、堤防の穴を手でふさぎ、国を洪水から守ったオランダの少年の話にちなんだものである。台風にミサイルを射ち込んで消滅させるなんざ、いかにもアメリカ人が考えそうな底の浅さだ。その3年後、システムに不具合が生じ、アフガンの村が凍り付いて全滅したり、香港の気温が異常に高くなり、大爆発が起こったりするようになった。そこで、ダッチボーイの責任者の地位を不当にも追われたジェイクが再び宇宙に行くことになる。

現在の情況を知っているので、1年後にあんなにシャトルが林立する打ち上げ基地があるのは笑えてくるのだが、1年や2年で作れるようなスケールではないので、我々には知らされていない秘密基地があったとでもしておこう。ダッチボーイに着いてからのジェイクが乗組員たちの疑問、質問を解決していくあたりは、なかなかスピーディでよい。しかし、さすがは退屈大作映画量産の製作・脚本家である。そういったテンポのよさはすぐに終わってしまう。データを盗んだ人物がいたり、犯人を見極めた人物がそのことを話す直前に殺されたり、犯人とおぼしき人物をミスリードしておいて別に真犯人がいたり、亡くなったと思っていたら(いや、ここから先は書くとネタバレになるな(^^;)・・・等々、どこかで見たことがあるような展開を中で、盛大にCGデザスターが大爆発する。

あとは、実写なのかCGで作られたアニメなのか区別がつかないほどのCGの大洪水。ダッチボーイのデザインなど悪くないし、デザスターシーンも馬鹿馬鹿しいがある意味おもしろい(東京には巨大な雹が降ってくるゾ)。NASAのシーンもそれなりにリアリティがある(もしかしたらNASAの設備を借りて撮影した?)。が、要するにそれだけ。ストーリー上、無理矢理に入れた人間関係のあれこれいろいろなどどこかへ吹っ飛んでします。
繰り返しになるが、さすがにエメリッヒと組んで退屈空虚大作映画を連発した人物だけのことはある。その伝統は、しっかりと守られたと言っていい。単なる見世物が見たい人ならある程度満足するだろう。が、そうでない人はには・・・。

↓予告編
https://www.youtube.com/watch?v=HnFFONAy9ZA

☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)







2018/06/08 18:38:01|映画の雑文 
B級ホラー「地獄の変異」
「地獄の変異」☆☆★★

原題は「CAVE(洞窟)」。
かつてテンプル騎士団が滅ぼされた悪魔が住んでいるという伝説の洞窟がカルパチア山中で発見される。「ダビンチ・コード」もそうだが、テンプル騎士団ってのは、題材としてそんなに魅力的なのかねー。無知なこちとらには、さっぱり。洞窟の中には水が溜まっており、スキューバのプロと学者のチームは、その洞窟奥深くへ探検に向かうが・・・。まあ、このあらすじだけでもホラー臭がぷんぷん臭ってくる。

監督のブルース・ハントというのは初めて聞く名前だ。出演者も見たことがあるような、ないような顔ばかりで知っている名前の俳優は1人もいない。今までに見た映画に出ていた俳優もいるのかもしれないが、記憶に残るような役を演じた俳優は皆無。このあたりは、まあB級ホラーなんだからと目をつむるしかない(目をつむったらかんじんの映画が見えないじゃないかなんてツッコミはなしネ)。

水中の映像はそれなりによく撮れてはいるが、ただ洞窟の(水の)中を泳いで行くだけだと環境ビデオになってしまうので、当然そこには謎の生物たちが待ち受けていて、1人、また1人と殺られていくわけ。まあ、このての映画の定番ですな。洞窟の中での出来事なので逃げ場がない。要するに「エイリアン」の洞窟版と思えばOK。ただ、B級映画なので予算の都合上出てくる怪物どもはホンの一瞬しか見えないので全体がよくわからない。いらいらする。ま、洞窟内だからそもそも暗いのだという製作者の言い訳が聞こえてきそうだが、相手がよく見えないというのもB級予算上の定番。

コウモリ人間のような奴も出てくるが、元は人間だったのが洞窟の寄生生物のせいでそうなってしまったんだとか(というような説明があったような気がするがきちんと見ていなかったので違っていたら、ごめんなさい)。なんだが、無理矢理だなぁ。最後は3人が生還するのだが、実は・・・というエンディングもホラー映画の定番なので、またこの終わり方かとうんざりしてしまう。

上にも書いたように、水中撮影だけはわりと丁寧に撮られていて悪くないので(★1つプラス)、そのての映像が好きな人なら満足するのかもしれない(ホントか?(^^;)。それにしても、「地獄の変異」たぁ、この邦題つけた奴、アホちゃいますかね。まあ、内容からして噓ではないし、「洞窟」じゃあ誰も見てくれないだろうが・・・。

↓予告編
https://www.youtube.com/watch?v=pCw8BF1KMkE

☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)







2018/06/02 12:29:57|日進市からの戯れ言 
そら豆通信VOL.32
てっきり今月からはIAさん自身が立ち上げたブログ「wildboar」にアップするものだと思っていた「そら豆」が送られてきました。にこにこ(^^)/。月初めは「日記」「そら豆」というのが「定番」になっているので、これからどうなるのかわかりませんが、個人的には続けてもらいたいですねえ。今後、「そら豆」が「wildboar」のほうに移動するようなら、リンクを貼ってこれまでの読者が続けて読めるようにしたいと思っています。
(今回の「そら豆」に関しては、ブログ管理人としていくつか異論もありますが、IAさんがそう感じたということなので、気がついた誤字訂正以外はそのまま載せています。)

………………………………………………………………………………………………………………………………
平成30年5月1日(火) 晴れ
早起きして畑へ、二畝目を立てて定植の準備。この2時間弱の作業は、数時間後に大きな影響が出たようで、食料品の買い出しの時は腰というより足にまで現れ、歩行に支障があった。でも今年も縮小して、家庭菜園をすることにしたのであるから始めた直後に引き下がることはできない。夕方の整形でのマッサージでは、理学療法士から動くことも必要であるが急激に動いてはいけないと、いかにもマニュアル回答をいただきありがたいことだ。明日の岡崎での盆栽展は鑑賞中止にしよう。
X信金へ今月の家計費を引き出しに行ったら、支店長がいて先回の不手際を詫びていた。いつもの担当者は「残念ながら本部が分かってくれないのです」と。「本店の人は頭が固いからね」と言うしかなかった。このごろ人とのかかわりが面倒になってきている。

5月2日(水)曇り後雨
7:00に畑で、キュウリ2、ミニトマト2、大玉トマト1、ナス1を定植。今年はこの程度の苗の定植でほぼ完了とする。隣接の畑の同世代のおばさんと少し会話したが、当方の話すことを聞かず自分の思いだけ話し出すので遮るのに苦労した。隣接なので5年ほど時々会話していたが、この人も当方も老齢化したため会話が噛み合わなくなっているようだ。つくづく他の人との接触が面倒になってきている昨今である。
昼食前、KSさんの日記を読んだ。最近は管理人さん経由で二人の連絡簿(近況報告会)になっているような気もする。知多市職員さんはきっちりメール返信をしてくれるだけでも誠意がある。「広報ちた」の紙質変更については、彼らは従来通りの仕事をすることが最も安全で、それで仕事をしている気持ちになることができ、民間の企業のように、顧客・株主・社会・従業員・自社のために変革提案を強く求められない組織のようだから羨ましい。かつて「広報にっしん」に参議院議員任期を3年と間違って記載されていたので「早く訂正対応をした方がいいよ」と電話したことがある。私が電話するまで職員も市民も誰も気づいていなかったようで、あげくにその直後、当方にいやがらせ電話を受けたこともあったほどだ。
そういえば、私の付近では昨年からツバメが飛んでいる姿を目撃していない。そしてKSさんも最近よくむせることを書いているが、私もそうである。新聞に大きく書いあったがそれも老化らしい。ただ私の場合は逆流性食道炎の薬パリエットを服用し始めたら改善されているような気がしている。
午後、曇っていたので定植した苗の支柱立てと8の字結びを家人に手伝ってもらおうと了解されていたが、雨が降り出したので残念。降らなければあまり外出しない家人のためにもなったはずなのだが。
Sakamamaさんのブログを見る。何だか、当方がゆったりできてこの人は写真も上手いと思う。
山口メンバーの愚行でTOKIOが記者会見を開き、その様子を各局が長時間中継していた。被害者をそっちのけで彼らのことばかり映し出されていることが、私にはとても理解ができない。
加計問題の柳瀬元秘書官が愛媛県職員との面会を認める方向などと報道されている。記憶を辿ったらと言うのだろうが、国民を舐めていてふざけているように思う。

5月3日(木) 曇り
畑で支柱立てとキュウリ用ネット張り、キツイ作業ではないが昨日より腰にはキツかつた。なぜかその後もとても痛くて苦しんだのは、早く目覚めて睡眠不足だったのかもしれない。あるいは久しぶりに気温が低かったためかもしれない。今晩はすべての雨戸も締め切って早朝の光が入らないようにして眠ることにする。
今日もテレビは朝からTOKIOのことばかり流していてバカみたい。
暇だったので、4連勝を願って中日を見守っていた。3--0で負けていて6−3に逆転したのに好調の岩瀬がホームランを打たれ、1日休養していた新鋭の鈴木に替わったら彼もツーランを打たれ延長に、好機はあったのにサヨナラ負け。結果論ではあるが選手起用に納得できない場面が多かった。

5月4日(金) 晴れ
昨夜は雨戸も締め切って眠ったのに2:30に目覚め、その後は目覚めていたのか起きていたのかわからなく4:00とか6:00とかに覚醒し8:00には起床してゴミ出し。
昨日はそんなにキツイ畑作業もしていなかったのに、腰痛あり。昼前にPCをしていたら腰痛が直ったのが不思議。食料品の買い出し後、咲き始めたアマリリスの鉢移動をしただけで腰痛再発。原因も何なのか益々わからない。
来週から夕食の宅配サービスを試験的に受けようと、ワタミには資料請求。セブンイレブンにはインターネット登録をして早速注文。引き落とし口座をX信用にしたのに登録不能、カードに換えて登録したら簡単にできた。X信用だけが休日のオンラインを開いていないとすると問題である。
イチローがマリナーズと生涯契約を結び、野球の研究者をめざしているとか。発想が素晴らしいと思うが、松坂が成功しているようにひそかに地元中日への移籍を願っていた私としては残念。

5月5日(土) 晴れ
目覚めた時に腰の調子を確認するのがこのところの日課である。目覚めた時は概ね調子の良いことが多い。が起床するまでの間にやや筋肉が硬くなるのもいつものこと。7:20畑へ、トマト用支柱を完成し、昨秋からの下仁田ネギを一部移植、この作業は腰にキツイので毎日少しずつ移植と種から育てていた苗も少しずつ定植していこうと思っている。うまくいけば今冬は下仁田ネギの大収穫となる。そら豆の本格的な収穫期になった。試し採りの段階で、晩酌のツマミには十分であることを確認してきたので本収穫。畑の近況撮影をして「そら豆通信番外編」を思いついた、管理人さんが承認するだろうか?
sakamamaさんのブログ、ケーキ皿はご主人作だろうなと思う。釉薬(天目釉か)で六分音符が描かれていて、いい発想である。私もかつてフォルテシモを呉須で描いたことあるが六分音符の発想はなかった。
同人誌の締め切りが7日なので、余裕がない。名古屋市内の全図書館にも配布されるものなので少しはちゃんとしないと、と思う。パソコン打ち込み原稿なので腰痛悪化、この日記を記すことすらしんどい。「そら豆通信番外編」作業をするのでなかったと反省。
そら豆は試食段階で美味を実感していたので、今日の本収穫分はよろしくなかった。昼食がチキンライスだったので空腹でなかったからかももしれない。

5月6日(日) 晴後曇夜雨
7:00畑、昨秋植えの下仁田ネギ約20本を移植。グリーンピースの収穫を多数。庭で種から育てた下仁田ネギ多数を堀上げて日陰干し。
  「そこまで言って委員会」にざこば師匠が復帰、パネリスト全員も色々なストレスを抱えていて精神的な不安もあるようだ。
午後再び畑へ行って、掘りあげたネギ約50本を定植し20日大根を播種。
昨年の中日は5月6日で借金10。今年の借金は4なので昨年よりはいいようたがまたもやノーアウト満塁で得点できないところが打撃陣の重症を思わせる。

5月7日(月) 雨
雨で畑へは行かなかったので7:30に起床、昨夜寝床で誤字脱字の最終チェックをした「山波」原稿をパソコンで修正して事務局へ送信。9:30東名古屋病院の予約があったので、あわただしく行った病院では、今後胃カメラ検査を含め私がかかりつけ医として変えたAクリニックへ診療情報提供書を出すと医師から言い出した。一体どうなっているのか理解できない。
友人のYさんとコメダ珈琲店で会って話していたら、二人の友人でもあるOさん夫婦がいた。奥様はA医大病院へ11日間入院していたそうで少し痩せていた。I氏の奥様も別にいたようで、ほんと狭い本市である。
ディラーの担当者に会ったのでドライブレコーダーの説明を受けたが、後部を撮れる純正品ができるのはだいぶ先のようだ。

5月8日(火) 薄曇り
アニマルボイスのコメント欄に「そら豆通信は、長いので読む気がしない(失礼)」とあった。(失礼)と書くくらいならばコメントしないのをお薦めしたい。あるいは、(失礼)を挿入することなく堂々と書けばいい。一方で「日進は晴が多いですね」などと書いているのは、天気欄だけ読んでいるのだろうか? かつて岡山が晴の国と云われていたように、日進は自然災害のない点だけはいい所である。岡山に3年いたが台風が多く、仕事ながら大変であった。
「そら豆通信」も、ややこしいことになっているようなので差し障りのないことだけにしておこう。天気のことが一番かな。
昨日から、一週間だけお試しにコンビニ夕食宅配サービスを注文している。早速、二日目にして間違って他家のものが届いた、開けてみて分かったので携帯から連絡したが、配送したのは副店長らしい。思えば3人分あったので食べてしまっておいたら良かった、送票(請求額)は二人分だったのだから。最近は、私が親切に行動することが逆に面倒なことに発展することが多いので、特に世代の違う人とはコミュニケーションがとりにくくなっている。

5月9日(水) 曇りのち晴れ
金正恩が再び習近平と会談したらしい、急激に加速させている思惑は何なのだろうか?
民進党と希望の党がくっついて国民民主党になったが、反対者も多くて益々多党化しているのは望ましいスタイルではないと思う。大人同志が同調することは難しいことなのであろう。
新潟で少女が誘拐され殺されたうえ遺棄された。痛ましくて子を持つ親も保護に大変である。いつまでたってもこういう事件がなくならないが、絶滅させる手立てはないのだろうか。

5月10日(木) 晴れ
天候が良かったので久しぶりの畑、そら豆の収穫。
柳瀬元秘書官の国会証人招致、午前中の衆院ではわずかな進展がみられたが、午後の参院では蓮舫以外の野党の質問者の内容が下手であったため、ほとんど柳瀬氏ペース。どちらにしてもあまり意味のないものであった。
アメリカが北朝鮮から拘束されていた3人の米国人を取り戻した。拉致とは異なるものの日本だけが取り残されている感じ。北で核開発に関わった1000人ほどの人を国外退去させるというアメリカの要求は、なるほどと思う。
夕方、急にとても疲れを感じてマズイのではないかと床に就いた。夕食を済ませたら元気になったのだが腹が減っていたわけではないのに不思議な現象。
夜、sakamamaさんのお出掛け編を訪問した。niceを入れたいが、アナログ人間にはどうしたらよいのかわからない。先月のこの日記で、ブログ開設者でない私が足跡を残せられるだろうか? と記したら、「ブログを開設すればいい」とのコメント文の挿入が。開設していない閲覧者は、できるのかできないのかのコメントがあったら嬉しいのだが、あるいは「ブログを開設しないとできません」とか。

5月11日(金) 晴れ
稀勢の里の調子が戻らないようで休場らしい、7場所連続休みとなる。怪我直後の強行出場で短命横綱になりそうなことを心配したが、その気配が濃厚。高安も休場するらしく益々興味のない場所になりそうだ。
畑の乾燥が気になったので昼過ぎに行ってみたが、思ったより渇いてなくてマルチングが効いているようだ。そら豆がかなり実っていたが収穫するのは止めた。管理人さんに送ろうかと思ったが500円程度の物で500円以上の宅急便料をかけるのはくだらないことと思ったので止めた。夜、アニマルボイスを開いたら、本日2回目のアップでベランダのそら豆写真が、何だかや〜な感じ。投稿者が競争しているような状況はよろしくない。「現在迷走中」への投稿のつもりがアニマルにアップされ、変なコメントが出たり消されたりしておかしな状態。
愛媛県中村知事が、県職員が柳瀬氏と交換した名刺を公開し、面談時には職員もメインテーブルにいたことを公表した。こんなにも簡単に明らかになるようなことを柳瀬氏はなぜ国会で答え、中村知事はなぜもっと早く公開しなかったのか、このあたりのことが理解できない。
どうも昨日から体調が不安定、外へ出れば暑いし室内だと寒さを感じる。原因不明で腹巻さえきつく感じる。

5月12日(土) 晴れ
泉州黄玉ねぎ5個を早採りして新タマサラダとして食べた、GOOD。アニマルボイスにそら豆写真が何度も出るので、ここは現物でしょう、と、そら豆とグリービースに加え新タマを現物送信。

5月13日(日) 雨
未明、釣具のチェックと仕掛け作り、細かい作業も腰にくる、昨日は調子が良かったのにこれで今日も不調に。雨後の風が吹かなければ15日釣行予定。
sakamamaさんを訪問、愛媛ではもうサツキが終わりかけているとか、当地ではやっと咲き始めたところで、昨日などは好きなサツキ盆栽大輪咲きの「春の苑」が一晩に虫害にあって上部の葉がすべて無くなっていた。ショック、花は観られそうだが、葉があってこその花であり盆栽なのだから。
昔ながらの釣具店で小物を購入、一部を店の前で落としてきたようなので取りに行って、さらに店内で便利な糸巻きとエサ入れを発見し、購入。この糸巻きは竿に装着させるもので、釣り場を移動するときにとても便利だと感心。エサ入れも腰ベ
ルトに通し用のものを使っていたが腰ベルトやポケットに付着用なのでいいと思う。
宅配弁当の担当者が2日連続で向えの家の玄関前に車を停めたので、今後は当家側に停めるように注意したが「すみません」の言葉が出ないので、なぜ注意されたのかが理解されないようだ。
白鵬の初日は封じていた張り手が出た、間合いが合って2度目にまた張った。北の冨士も「背に腹は代えられないね」と解説。

5月14日(月) 晴れ
朝から真裏で大きな金属音がしていたので、パイプ足場でも組んでいるのかと覗いてみたら、やっぱり足場工事であった。レジデンスの塗装工事なのだろうが、普通であれば予め挨拶があるのだと思うが、そういうこともなくなった時代なのか?
午前の衆院集中審議での立民のヘタな質問にがっかり、玉木・江田氏が少し取り戻したものの安倍ちゃんのガードは固い。大きな影響がない質疑応答であった。
先週から「そら豆」の話題が多いようで、ネギ坊主の写真を探して、投稿してあげるのが「丁寧で親切」対応なのかなと思う。

5月15日(火) 晴れ
満を持した釣行、新月の大潮、快晴、ほぼ無風。エサ屋の開店時より10分早く着きノックしたので嫌がられた(量がいつもの2/3だけであった)。目的の河和漁港が期待外れ、片名漁港へ移動、最初にゲットしたアイナメを鳥にさらわれた。まずまずの当たりはあったが、干潮時を目指して豊浜港へ。結果的には期待外れで残念。

5月16日(水) 晴れ時々曇り
昨日の釣行で起床時は腰痛と筋肉痛が酷かったが、朝食を終えたころはいつもより快調であった。時にはドーンと体を動かさないといけないと思う。でもこれがなかなか難しく、その一歩が出ない現実。
岸井成格氏が昨日亡くなった。サンデーモーニングを休まれた時にまずいのではないかと思っていた。1年ほど前のこと。一度復帰した時、帽子をかぶっていたのでほぼ確信した。年に3回ほどしか出ない佐高信氏は友情出演だった思うが寂しがっているのであろう。
北朝鮮が米韓軍事演習に反発したのか6月12日の米朝会談中止、の、ゆさぶりか? 自分から韓国へすり寄って米国へつなげておいて何を言い出しているのか。平昌オリンピックの時は米韓軍事訓練を中止しているのだから、そのことの評価はしないのだろうか。中国、ロシアへの後ろ盾を頼んでいるのだから、米国だって100%は引き下がれないのは当然であろう。
好きな大輪咲きサツキ「春の苑」がまたしても虫害で葉をほとんど食い荒らされた。先日、目視で駆除したのにまだいたようだ。基本的に殺虫剤は使わない主義だが、サツキのこの時期には来年からは考えないと。折角花季を楽しもうと管理していても何にもならない。
今日はそんなに気温は高くなかったが、名古屋特有のいやな暑さが来た感触。

5月17日(水) 晴れ後曇り
昨夜は22:40頃に眠ったようで、2:00に目覚め再びの眠りは浅く4:00には完全覚醒。テレビを点けていたら、10歳代の子どもにタミフル投与を再開するとか、異常行動との因果関係が認められないからと言っていた。因果関係が否定されてからの再開であれば理解できるのであるが。
sakamamaさんのブログを見て、岡山、広島勤務時代を思い出し、愛媛の紹介地を訪れなかった(余裕がなかった)ことを残念に思いコメントした。アニマルボイスさん以外へのコメントは初体験。仕事から解放された10年間は、色々体験してみたが強く心に残るものはなかった。
7:15畑へ、昨夜少し降雨があったので水遣りは回避できたが、トマト、キュウリに最初の追肥(液肥)。下仁田ネギに敷き藁を施し、今年が最終年度になるので、くだらないところなども撮影して残しておいた。
  すっかり読書離れしていたが、9日に行きつけ書店が建て替えオープンしたので、行ってみた。かなり売り場面積が広がり中古本販売も多くしたようだが客足は少ない。まだ本の整理状況が完全ではなさそうだし、所蔵本のバソコン検索もできないようだ。隣接のコーヒーチェーン店とうまく利用し合えばいいのにと感じた。文庫『モリのいる場所』を購入。
帰宅後、腰痛というか背痛が酷く原因が特定できないのでさらに悪い。
西城秀樹が亡くなった、63歳。あぁー。
東海テレビが野村、山崎の師弟解説で、中日×広島を放送した。奥様を亡くした野村さんの沈んだ姿が気になっていたが、仕事となるとさすがの解説であった。

5月18日(金) 曇り夜一時雨
昨夜もいい睡眠ではなかったが4:00には覚醒、かといって離床もできず7:45でゴミ出しのため気合を入れて離床。ゴミを出して畑へ寄ってサニーレタスとパセリを採って帰宅、そうしないと朝食までの待ち時間が長すぎるので。
藤井聡太六段が今日勝てば七段に昇格するので、バソコンでの中継をつけっ放し、テレビは「ひるおび」、「ゴゴスマ」を流し、『モリのいる場所』を読み続け、時にこじんまり咲いたサツキの「早乙女小町」を撮り、のんびりしながらも忙しかった。将棋対決の藤井×船江の夕食後の第一打である船江さんの6六香打ちはあれっ!と思ったが、その後の5六桂打ちで挽回した感じ、まさにガチンコ勝負の様相であった。藤井さんがやや攻められた感はあったが20:30には藤井さんに余裕が感じられた。王手、王手はないものの詰めるのではないかと思った。9:00直前に勝って七段へ。
星由里子さん死亡、74歳。
秋田で観測史上最高の豪雨、東北は今年もう大きな被害

5月19日(土) 晴れ
家人と東海上野公民館で「さつき花季と山野草展」を鑑賞。前会長のHさんとゆっくり話したが高齢化で杖を要するようになって運転もできなくなったらしい。帰宅後久しぶりにサツキ盆栽の手入れと撮影、撮影時にTX-1を落下しボデー凹損、レンズ部でなくて良かった。

5月20日(日) 晴れ
以下、昨年の今日。
「名古屋の最高気温は31.1℃。室内にいれば暑さも感じないのだが、夕方ですら畑の水やりは暑いし、しんどい。今夏は無理をせず控えめに夏野菜づくりをしていこうと思う。」
昨日午後からの強風で、大玉トマトとミニトマトの苗が一本ずつ折れた。8の字結びで固定していた紐が支点になってしまって折れたようだ。すでに根が張っているので抜くのは惜しい、折損部で切断し脇芽を伸ばすことにしてみよう。空いているところを耕しておいて、ホームセンターで各一本の苗を購入した。そら豆をすべて収穫したが遅かったので皮が厚くなってしまっていた。今年は結構楽しめた。

5月21日(月) 晴れ
未明、3ヶ月ぶりの読了。先日行きつけの書店が近くへ移転拡大オープンしたので、久しぶりに購入したもの。定年後の読書は一時期、月10冊あまり読んでいたのにすっかり読書意欲が下がっている。

【読書NO.349】 小林雄次『モリのいる場所』朝日文庫
平成30年5月21日読了。
書店に入った時、パッと手に取ってサッと購入した一作。70歳代をどのようにして生きていこうかと考えている時だったので、ちょっと興味を持ったからだ。購入した翌朝に樹木希林と山崎努での映画化でNHKでも紹介されていたのを偶然に見た。94歳の老画家が約30年間も家の庭から外へ出たことがなく、庭で蟻や石を細かに観察することのみに興味を持つ画家と、その妻を17章からなる17人の人から見たある一日の話し。特別な欲もなく淡々と生きている人生、参考になった読みやすい作品であった。

早朝、大玉トマト・ミニトマト・小玉スイカ・メロンの苗各1を定植。だんだんとやる気になっているが、体力的に無事夏が越せられるだろうか?
ここ数年の例年の通り、イネ科の植物アレルギーによる目のかゆみが出始めたので、眼科を受診。家人が眼科医を変えたので私も同じところにした。初診になるので眼底検査なども受けたが、軽い白内障以外に問題はなかった。
日大アメリカンフットボール部選手の関西学院大学選手に対する行動が問題になっている。画像で見ていても、明らかにルールから逸脱していると思われる。スポーツ中の事故については、一般的に予め危険を受任しているとして加害者の民事責任は問われないが、あの行為はルールを逸脱しているので賠償責任が生ずると思われる。監督がすべて私の責任などと言っているが何について責任をとると言っているのか理解できない。被害者が警察への被害届を出したらしいが刑事責任も追及されそうだ。

5月22日(火) 晴れ
愛媛で新たな文書が見つかり、安倍ちゃんと加計学園の獣医学部新設の係わりが2015年からあったことが濃厚になってきた。この文書は、当時の忠実な記録なので信憑性はかなり高いものと思われる。
早朝からTX-1の試し撮りを真面目に実施。勉強材料としてサツキの花は色とりどりで鮮やかなので被写体として「もってこい」である。とくに大好きな「春の苑」はいい。このカメラには親切機能が一杯あることを今ごろになって知る機会を得た。でも覚えきれないので幾つかのパターンだけを頭に入れることから始めよう。また未だPCへのデータ取込法が確立できない。
日大アメフトの加害学生が記者会見を開いた。謝罪のために20歳になりたてての青年としては立派な会見であった。自らの行動を反省し深く傷ついているようだが、この成年であればちゃんとした社会人になれると思う。彼はアメフトを続ける資格はないと言うが、彼なら続けさせてくれるようなところは現れると思う。経緯を聞けば、被害者が被害届を提出したために急遽開いた会見ではないようだ。それに比べ監督をはじめ大学側の対応はいかにもまずくないか? 同大の学生が、彼の会見について「大学は守らなくて良いのか?」と記者質問に答えて批判的に答えていたが、まずは「大学が学生を守らなくてはいけない」ものだ。
安倍ちゃんも面会文書が見つかったのに「加計孝太郎氏とは会っていない」と答弁しているが信じられないので、日大の加害成年を見習ってほしいと思う。
中日の山井投手が40歳になって今季初登板のうえに完封勝利、この人は時々大きな仕事をするので中日も離さなかったのだろうか?

5月23日(火) 曇りのち雨
畑最終年になって小玉スイカとメロンに初挑戦、今朝は行燈仕立てようの支柱とアングルを作成、このところ無理をしてでも早朝から畑で体を動かしているので若干調子が良くなりつつあるように思う。
やっと籠池夫妻の保釈が決定した。罪の軽重は別にして、いいことだと思う。あまりにも長すぎた感じだが、心身ともに元気であればよいが。
日大の内田監督と井上コーチが、午後8時から緊急記者会見を開いたが遅きに失している。24日に文書で回答すると言っていたのだから、あやまちが無かったのならば記者会見を開く必要もない。二人とも言い訳っぽくて聞き苦しかった。「選手自身の判断でやったのだ」と言っているのと同じような発言であった。これでは当該選手が可哀想。いい歳をした二人とも僕、僕と言っているのが聞き苦しい。若い当該選手は概ね私、私と言っているところにも、二人の危機管理意識が違う。関学のQBがケガをすれば秋には出られなくなるめなどとの発言も闘争心を煽るつもりであっただけでケガを目的とした指示はしていないと発言。監督は直前に当該選手が近くまで来たとは言っているが話は聞いていないとも言っている。これでは、彼が嘘を言っていることになるが、印象的には二人が黒だと思う。記者質問に答えて、コーチは選手の昨日の発言は間違ってはいないと、矛盾したことも言っているし、態度を見ていても下を向いていたりオロオロ感もあり、この人が人を指導できるような人なのかとも思えてしまう。監督も去年の4年生を褒めたたえているのもおかしくてならない。二人とも日本語がヘタでもある。もっと準備して会見に臨むべきでもう見ていられなくてやめた。変な司会役の人がいるなと思っていたら、何と日大の広報の人であったとは驚いた。どうもこの会見は日大にとって失敗であったと思う。明日から、情報番組で叩かれそうな気配。何だか安倍ちゃんの森友や加計問題と同じ構図を見ている感じである。

5月24日(木) 晴れ
予想通り日大がテレビでも炎上していた。日大のあまりにものお粗末さは、日録に留めたくもない。救いは当該選手を引き受けてくれる組織がいくつもあるようなことを知ったことである。
今年は我が家ではサツキの当たり年のようでよく咲いてくれている。それによってTX-1写真撮影の勉強の一日であった。やっぱりサツキの良さを再認識した。来年は全部綺麗に咲かせようと熱が入ってきた。
栃ノ心が白鵬を堂々と破った。「強い」の一言、大関を飛び越えて横綱にしたいくらい。
来週の火曜日前後に釣行したいと考えているが、どうも風がよろしくないようで、好転することに期待するのみ。

5月25日(金) 晴れ
2回目のAクリニックへの通院日、血糖値が高くなっているので来月詳細検査をする。マッサージも受けたが特別な印象はない。今日も「敬神愛人」関係の医師のあり方は、なるほどと思えるほど明るく親切。
日大はまた失敗したようだ。緊急に学長会見が行われたが何のための会見なのか理解できなかった。スポーツ部門の最高責任者だといいながら、監督とも事実関係について全く話をして無かったということだけで、この会見はダメと言える。しかもこの学長は本件について何も調べていないし行動もしていない、事件から20日も経っているのに理事会すら開かれていないそうだ。第三者委員会メンバーについても何も知らないのに第三者委員会の結果に委ねたい、ということで逃げている感。今夜にでも学長自ら当該選手に会いに行ってお詫びすることが大切、それであれば警察も止めはしないだろう。とにかく学長もお粗末。日大問題では、言葉の解像度が一番高かったのは学生であり、大人のコーチ、監督が低いから一般人は高い方を信じる。
籠池夫婦が釈放されて今夜会見を開いた。観たのは記者質問のところからであったが、まずは籠池氏が元気そうであったことがなにより、奥様の方には若干憔悴感が窺えた。罪の軽重は別として、持論には変わりのないしっかりとした氏の発言は中々なものであった。もっと、発言を制約されるようなことがあるのではないかと思っていたが、そういうことも無かったように思う。本人も言っていたが、やはり10ヶ月は長過ぎた感がある。印象的なのは、籠池氏は記者質問に対して一々起立して発言していたことである。腰痛持ちの自分からすると、司会者に「一々立たなくていいですよ」と言ってもらいたいほどであった。籠池氏の態度に、日大の会見者との乖離を強く感じた。
全勝優勝しそうな気配であったのに栃ノ心が正代に負けた。きのう白鵬に勝って安心したか。

5月26日(土) 晴れ
8:45分出発で家人とともにみよし市皐月盆栽展鑑賞。かなり高レベルの皐月が展示されていたが、やはり出品者の高齢化と思われるように、同一人が二、三点出品しているのが目立った。どこの文化的組織も若い人をいかに取り込むのかがポイントなのだが、それに積極的に取り組もうとしない高齢者が多いのが問題。私が盆栽連盟を脱会した理由の一つもその点である。私だけがそれに取り組んでいても空しさたけが残るだけだから。
関西学院の記者会見は観なかったが、ニュースで観る限りでは日大よりしっかりとした判断と対応をしている感。
栃ノ心が鶴竜に負けてしまって二敗。明日は白鵬が鶴竜に勝つことは絶対にあり得ないので栃ノ心さん残念。

5月27日(日) 晴れ
天気予報によると明日の方が風は弱いので明日の釣行とする。30年強ぶりの半夜釣りをする。
暑い日であった。
シャキットキュウリの初採り。

5月28日(月) 曇り
12時前出発、片名漁港へ着く前に半田阿久比川のハゼがどうなのか試し釣り。針は「袖4号」を準備、意外にすぐに小さいのが釣れて、その後何と17cmクラスの大きいのも混ざってくるではないか。1時間強で22匹、満潮が17時前なので片名へ行かなくては。片名では先に投げ竿を用意して投入。延べ竿二本の準備を終えて投げ竿を上げてみたら何と大きなアタリが。0.8のハリスなので慎重に、慎重に上げたら30cmのカレイ。一挙に気分が良くなって、順調にタケノコメバルとメバルも。予定通りに早く帰宅。近年まれにしか見られない釣果。片名へ着いたあとに生じた右手親指の爪がはがれているような痛みが・・・。

5月29日(火) 曇り
疲れていた割に、あまり眠れなかった。腰のリハビリもAクリニックに代ってみたが、右側中心にやってくれて、ちょっと強いくらいにほぐしてくれた。
信金で自動車税、貸農園代を支払う。担当者がインターネット対応の悪さに詫びを入れ、その上司自身の先日の本人確認不手際に詫びを入れた。とても出来の悪い組織である。
A薬局でOS1を購入したら、副店長がかつてのかかりつけ医へ話しをしたらしい。が医師にはパワハラの意識は全くないようだ。指摘しておいた薬局誘導については即刻改めた由。
小さいハゼの唐揚げと購入した赤車エビの唐揚げは美味しかったが、大きいカレイの煮つけは今一、大きい魚は美味しくないと思っていたとおり。
日大アメフト部員等が発表した声明は、謙虚で素晴らしい内容だと思った。関東学生アメフト連盟の判定も実に詳しく調べたうえの判断で、監督とコーチに対す処分も適正と思われる。どの組織よりも早い詳細調査と判断がスポーツ組織らしい。

5月30日(火) 一日中小雨
情報番組は朝から日大アメフト問題ばかり、同大の闇が今まで明らかにならなかったことが信じられない。
ブログ開設を思い立ち、朝から奮闘。6月6日を最初のアップとして、アニマルさんが以前に「手伝う」と言っていたので支援を求めたが、意外と冷たい反応。あるいは自分の発言を忘れてしまっているのかな。今日する必要もない、何だかとんでもない最初のアップになってしまった。結局、自分には何も残るものがない日であった。

5月31日(水) 雨、時に曇り
突然にとは言いながら、ブログ開設を決めたのだが、実際は「70歳代をどのように生きていこうか」ということをかなり以前から考えていた。その一つの決定がブログの立ち上げであった。昨日はその取り組みでほぼ一日を費やした。これまでLサイズでしか撮っていなかった写真のデータが大きすぎて、解像度を下げないと駄目らしい。Lサイズで撮り続けていたのはそれなりの理由があるわけで、素人には解像度の下げ方もできるはずがない。ましてや2月に購入したTX-1はデータが大きい。6月6日を最初の立ち上げ日としていたが、行きがかり上、極めて不完全なもので立ち上げてしまった。そして今日と言えば、解像度を下げる方法をTX-1カメラ購入店の店長に教えてもらいに行った。しかしプロの彼ででも容易にできるものではなく、メーカーに問い合わせをしながら2時間も無償で対応してくれて親切な店長であった。これで解像度下げはできると思うが、写真の取り込みはできるかどうか分からない。結局、今日もブログ立ち上げ関連で1日終了、疲れたー。70の手習いとは云われてはいないからなあー、と変な納得。







2018/06/01 9:12:26|知多随想録 
知多の日々気まぐれ日記:2018年5月
月初めの恒例、知多のKSさんからの「気まぐれ日記」。今回はけっこう愚痴が多いように感じますが、やはり1人暮らしの悪影響が出ているのではと、ちょっと心配になります。新聞にも「孤食」の悪影響が書かれています。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018052901001342.html
やはり食事は家族や友人たちとわいわい言いながら食べたほうが絶対においしいし、健康にもいいかと。思っていたら、月末に奥さんが。とりあえず、よかった。
知り合いから、なぜKSさんは家族と離れて1人暮らしをしているのか、というメールをもらったことがありますが、私にもわかりません。何度も質問しましたが、理解できません。最近では、まあ人それぞれの生き方があるんだから・・・と、思うことにしています。
(今回の「日記」にも書かれていますが、日進のIAさんが自分のブログを立ち上げ中。「そら豆通信」は、どうなっちゃうんでしょう? まあ、普通に考えて自分のブログに載せることになると思いますので、その場合は、このブログにリンクを貼ることにします。)

………………………………………………………………………………………………………………………………
5月1日(火)
風は無く気持ちのいい朝だった。満月は良く見えたが星はあまり見えなかった。月初めで神棚の米・塩・お神酒の交換を行った(神棚は3か所、お不動さんが3か所)。御嶽神社の72段の階段は変わらずきつかった。手摺をつかまないと登れない。母に会ってきた。変わらず元気そうだった。「だれ?」と言われてしまった。おむつ交換ということで途中で追い出された。スーパーへ買い出し。
「広報ちた」5月号がきた。表紙はカラーで、市議会だよりも表紙はカラー。予算が有るのだなあ。昨年は「広報ちた」4月だけカラーで後は市議会だよりも白黒だった。先日、市に紙質が厚くて(本当に何でこんな厚い紙を使うのだろうと疑問に思った)もったいないのではないか、というメールを送ったのだが、紙質どころか表紙をカラーで年間通すとの返事だった。これは予算が無いと出来んわなあ。知多市の財政は苦しいと聞いていたが、どうなっているのかいな。ということを知多市にメールしといた。どんな返事が来るのやら。
午後外に出てみたらムアーとした感じ、名古屋で28.7度だったとか。
ドラマ「スミカスミレ」最終回を再度観た。面白かった。特に途中の画面で「めっ!」というのを観た時、嬉しくって涙が出た、懐かしかったなあ。

5月2日(水)
風は無く生暖かい朝だった。月も星も見えなかった。午後雨降り。気持ちのいいように強く降っていた。
面白くなってきた。先日知多市の広報のカラー化について質問したら、カラー化すれば市民の方がより興味を持っていただけると思いカラー化したのだとか。あほ、言ってんじゃあねエーよう。こっちが質問したのは金が掛かるんじゃあないのか、ということで、答えになっていない。頭きたから、皮肉交えて、ひょっとして市の職員、関連する議員、課長、部長からの推進じゃあなかろうかと言っておいた。どう考えたって広報をカラー化したことによって市政が良くなるとは思えない。(以後何の返答も無い。おかしいとは思うがそれ以上追及する意思は無い。が、今後いつか何かで追及してやろうと思っている。おそらく上司が、こんなクレームはほっておけということなんだろう、が頭に来るよなあ。)
NHKでアイスクリーム百覧会を放送していたがアホかいなと思って見ていた。世界は生きていくため色々注目を浴びようと考えていることが分かる。みんな生きていくために大変なんだ。知多市の職員さん分かるかなあ。

5月3日(木)
風は少し吹いており、霧雨が降っていたが気持ちのいい朝だった。月も星も見えなかった。もう薄いジャンパーはいらない。
裏のおばさんが庭の草刈りをしてくれた。自分は袋詰めを行ったが中腰の作業、15分位でギブアップ。おばさんは元気そのもので大方の草を刈ってくれた。明日から自分は刈られた草の袋詰めだ。それにしても助かった。感謝感激。つばめはいなくなったのか、今日一日一度も見なかった。
今日は憲法記念日。安倍政権下での憲法改正は絶対に反対。なんせこの人は憲法違反であるとはっきりわかる戦争法案を成立させてしまった。

5月4日(金)
風が強く寒い朝だった。再び薄いジャンパーを着た。半月に近くなった月と星は良く見えた。
スーパーへの買い出し後に、昨日裏のおばさんに刈ってもらった雑草の袋詰めを行ったが、45L袋1袋詰めるのに約10分かかった。その間はずーっと中腰。結局1袋でギブアップ。これから雨降り以外は毎日1袋ずつ詰めていきそうだが、1か月近くかかってしまうかもしれない。
仏壇の花は冬場は長持ちしたが、暖かくなるに従い枯れるのが早くなる。ここしばらくは生花を飾っていたが、今日久しぶりに造花にした。月棚経前には生花に変える。
夕方コンビニにスポーツ新聞を買いに行ってきた。えらく混んでいた、ゴールデンウィーク連休の影響なんだろうか。風は強かったが気持ちのいい夕方だった。歩道際の雑草が生い茂っていた。我が家の庭と一緒。
アメリカマリナーズのイチロー(44歳)が選手引退だとのこと。来季はどうなるかは分からんそうだが、もう、一杯頑張ったのだから引退していいのじゃあなかろうか。
最近NHK以外の番組を観るようになった。宣伝がすごい。これでもかこれでもかというくらいにあふれている。食べ物は食そそる宣伝が多い。珍しく民放TVで自衛隊員のだらしなさを放映していた。整備点検が徹底されてなく機器に不具合トラブルが頻発。あほかと思った、信じられない。こんなんで給料もらっているんだ。まあ平和な日本だから許されている様な気がした。

5月5日(土)
風が少し吹いていてひんやりとした朝だった。半月は良く見えたが星はあまり見えなかった。今日は子供の日。ゴールデンウィークのUターンラッシュ。大変だなあ。

5月6日(日)
風は無く涼しい朝だった。半月は良く見えた。
朝つばめが帰って来た。昨夜は巣を作るところの釘に止まって寝ていたようだ。4月16日に巣を作り始めたところ、相棒がどこかに行ってしまいしばらくつばめは来なくなっていた。今朝同じ場所で再び巣を作り始めた。相棒が帰って来たようだ(新しい相棒かも?)しばらくしたら車を道路に駐車しなければならない。つばめは順調に巣を作っているようだ。
競馬はNHKマイルカップ、パドックでいいと思った馬が何と大外最後方から追い込み、勝ってしまった。ゴール前大声で叫んだ。6番人気で単勝1280円ついた。買った馬券はこの馬の単勝のみ。WIN5は荒れて配当は1億3百万円。1レース目、2レース目はゲットしたが以降はアウト。的中馬券は4票だったとか。誰が買っているのか。本日の競馬は多少のプラス結果だった。
イギリスで若者のグループ闘争が激しいとか。昔の映画「ウェストサイド物語」の争いを思い出した。はるか昔、高校生の頃、3年生を送る催しでウェストサイド物語のダンスを踊った記憶が有る。ジョージチャキリスの脚の長さ、高さにはまるでおよばないが結構楽しんで踊っていたことを思いだす。懐かしいなあ。

5月7日(月)
雨降りの為早朝ウォーキングは中止。
つばめは朝雨宿りしているのをみたきり、軒下を時々覗いてはいるのだが姿が見えなかった。
夕方にやっと帰ってきて巣を作っているのが見られたがペースが遅い感じ。ひょっとしたら雌(?)だけで作っているのかも知れない。過去の巣作りは雄、雌が入れ替わりでせっせせっせと作っていた。
今日は1日中雨だった。夕方かなり強く降っていた。
TOKIOの山口問題についていつまでもごちゃごちゃやっているが、あほかいなと思う。ハワイ島のキラウェア火山の爆発、画像で見ると恐ろしい。住宅街が火山に間近で、住民、政府は火山の存在をどう考えていたのだろうか。

5月8日(火)
風は無くすっきりとした朝だった。月も星も見えなかった。
今日は裏のおばさん(78歳)と古見のおばさん(90歳)と一緒に3人で母に会いに行ってきた。元気そうな顔色だった。3人をはたして認識していたかどうかは分からない。
家を出掛けにつばめ2羽が電線に停まっていた。ということは2羽で巣作りしているということ。良かったよかった。
今晩の晩飯、久しぶりに美味かった。玉ねぎ、牛肉のぶつ切り、これをめんつゆで味付け、煮込んだ後に卵とじ。本来からいけばご飯に盛り付けて親子丼なのだろうが、ご飯は食べない。
NHKで犬の介護について放送していた。老人ホームじゃない老犬ホームだとか。月5万円、入会金は15万円だとか。あほかと思って見ていた。自分には理解できなかった。金持ちだったら出来るのかもしれないが、普通の人じゃあ出来んわなあ。

5月9日(水)
今朝は雨降りの中、傘をさしてのウォーキング。寒さは感じなかった。
久しぶりに床屋に行ってきた。すっきりして気持ちがいい。だいたい3か月毎に行っている。
新潟市で小学2年生の女の子が絞殺された後、線路におきざりにされて電車にはねられたという悲しいニュースが昨日有った。犯人はいずれ逮捕されると思うが、残忍な人間で許せん。
過去の映画、ビデオのリストを何気なく見ていたら、管理人さんが撮ってくれた4年前のビデオでSさんの画像が出ており、懐かしく見た。ここ何年も年賀状以外に連絡が無い状況にあるが、どう生活されているのだろうか。Sさんとは6,7年会っていない。ビデオ画像では、KSさんは土日の競馬以外趣味が有るのかいな、どうやって生活しているのだろうなんていう発言が有ったが、まさにそのとおりで、競馬以外の趣味は無しであるけれど、まあそこそこに人生楽しんでいますとお答えしときます。ビデオはすごいなあ。何年も記録が残っており、観るたびにその当時を思い出させてくれる。
トヨタは過去最大の利益を計上したが、今後は変わらなければと言っていた。そうだよなあ、これまでの社会の動きを見ていると、利益を上げている業種はどんどん変化している。家電産業は全く下火だし、車産業も近々落ち込むだろうと思われる。親友で今は亡くなってしまった友人が言っていた。繁栄する産業は年々変わっていき、今最盛期だと思っている産業はいずれ落ち目となり衰退していく。順繰りに景気のいい業種が変わって来たしこれからもそうだろうと。まさに名言だと思っている。ようわからんIA産業も、いずれすたれるのだろう。

5月10日(木)
風が有り寒い朝だった。三日月、星が良く見えた。
柳瀬氏の国会参考人審議を見ていた。自民党は上っ面の質問だけで、自民党は真実を国民に知らしめたいと言う意思が全く感じられなかった。自民党の中でも真実を明らかにしたいと思っている議員は少なからずいるはずと聞いている。何じゃいこんな質問でそんな意思は全く感じられなかった。更にひどい質問をしていたのは公明党で、知能指数がかなり低い議員だなあと感じた。真実を追求したいと言う意思が全く感じられなかった。ここまで聞いていて、あほらしくなって見るのを止めた。参議院でも公明党はあかんなあ。どうしようもない戦争の党そのものだった、安倍大賛成の党だと分かった。官邸で3回も面談したのは全くの異例で過去一度もなかったことだろう。明らかに加計学園が特別扱いされていたことが分かるし、面談内容を秘書から安倍に報告もしなかったと言うが、信じられない。益々加計ありきだったと思われる。
北朝鮮に拘束されていた米国人3名が解放されたとか。何で拘束されていたのか、だよなあ。勿論スパイ活動だろう。それが解放されて、良かったよかった、と喜ぶトランプ、あほじゃあなかろうか。北朝鮮でスパイ活動したらつかまり殺されるのは常識だろう。おかしなことだ。日本人の拉致問題とは全く異次元の話だと思う。

5月11日(金)
風は無かったが寒い朝だった。三か月も星も良く見えた。パトカーが自分を追い抜いて走って行ったが途中で止まってライトを消した。スピード違反検挙のためなのだろうか。
つばめ君の巣作り着々と進んでいるようだ。そろそろ猫対策した方が良いだろうと思い、車は路上駐車することにした。車泥棒に持って行かれる心配は少し有るが、まあつばめの糞で汚れ、あちこちにこすった跡のある車など持って行かないだろう、と思うが。
雨降り以外は庭の草刈り後の片づけを行っている。45Lゴミ袋一杯に詰めるのに約10分かかるがそれ以上は腰が持たない。雨降り以外は1日1袋のペースで今日で7袋目。刈った雑草を片付けた後に除草剤を撒く予定。
夕方コンビニにスポーツ新聞を買いに出かけたが、少し風が吹いていて気持ちのいい気候だった。途中休まなく往復出来た。
出かける時は大方コンデジを持っていく。何かのハプニングが有った時に記録したいと思うし、めずらしい花でも見かけたら記録したいという理由からなのだが、最近はその意欲が無くなってきた。まず花はダメ、管理人さんのブログを見るととてもじゃあないが、全くの素人で貧しいコンデジの画像では恥ずかしくて投稿できない。投稿できるとすればハプニングしかないなと思う。たとえば交通事故現場の写真とか。今唯一可能性が考えられるのは、つばめの生態かも。しかし、これも過去、照度不足、手振れ等でろくな写真、ビデオにしかならなかった。さんざんこれまでこれらのことを言われてきているが、まあしつこく恥ずかしげもなく何とか記録を撮ってきた。過去に三脚をすえてつばめの写真、ビデオを撮っていた時期が有ったが、それをしても認められる写真、ビデオにならなかった。ということは、腕のまずさと、感性の欠如かも知れない。はたして今年はどうなることやら。今はつばめの第一次、雛が孵って飛び立った後に通常では第二次が有るのだが。

5月12日(土)
風は無かったがひんやりとした朝だった。東の空低くに三日月は見えたが明日には見えなくなるだろう。星はあまり良く見えなかった。競馬は少しの負けだった。途中で居眠りをしていたようだ。

5月13日(日)
今日も風は無くひんやりとして気持ちのいい朝だった。全天に雲がかかっており星は見えなかった。
電話がかかって来たので答えたら、プツンと切られた。マナーを知らない人間なのだろう。普通間違い電話と分かったら、すみません間違えました、とお詫びするのが常識だろう。
北朝鮮どうなるのだろうね。拉致問題は解決済みでごちゃごちゃ言っている日本は何じゃい、と言っている。核廃棄の現場にも日本は呼ばないとか。日本を、安倍を毛嫌いしているように思える。北朝鮮は日本に期待をしていないようだ。
東京G1ビクトリアマイル、買った2頭の単勝は2着3着。ゴール前大声で声援したがダメだった。本日の競馬はそこそこの負け。少ない金額で楽しんでいるなあと思う。大勝ちするチャンスはWIN5だが、今日も負け。5点で500円の負け。よほどのツキが無いと当たらないとは思っている。が、可能性はゼロではない。

5月14日(月)
風は少し吹いていたが気持ちのいい朝だった。雨上がりで少しもやがかかっていた。全天曇りで星は見えなかった。
朝には天気は回復しカラッと晴れた。つばめは順調に巣作りしている。近々完成かもしれない。路上駐車している車には異常は見られない。昨夜の強い雨の為、つばめの糞で汚れた屋根はきれいになっていたが、今後晴れの日には埃だらけになるだろう。
夜は7:30〜8:00頃に就寝、起床は3:30頃。このパターンは変えないつもりでいる。
新潟の女児殺害から既に1週間が過ぎた。犯人は分かっていない。直観では線路際の住人ではないのだろうか。
夕方に近所に住む20代の男が逮捕状を請求されたそうだ。やはりなあ。
大相撲が始まった。以前応援していた照ノ富士は十両8枚目だそうだ。大関まで昇進したが左ひざを痛め、どんどん落ち目となった。完治すれば再び大関に戻れると思う。(が、2日目で2連敗、あかんなあ)
今晩の晩飯、しつこく親子丼。まあまあ美味かった。簡単で実に良い。
見てはいなかったが国会審議で安倍は自分は潔癖だと言ったそうだ。証拠を出せと。野党は戦略を変えないとあかんな。疑わしいだけで時間を費やすのはやめた方がいい。結果我々国民はがっくりきてしまう、野党に期待してもあかんなあと。確実な証拠が無いとあかんのは刑事事件も同じだ。明らかに安倍が動いていたとは思えど、証明できなければあかん。

5月15日(火)
風は無く気持ちのいい朝だった。
うらのおばさんに刈ってもらった庭に除草剤を撒いた。はたしてどれだけの効果が有るのやら。約10分かかったがやはり腰が痛くて限界だった。今日は良い天気で暑かった。
ふと何気なく居間の窓際に置いた家具を見たら、家具の上に置いた書類等の位置が斜めに移動しているのに気が付いた。間違いなく壁と直角方向に置いたはずだが。地震のせいなのか、あるいは意識の無い自分の行動によるものなのか、分からん。父が生きていた時に受領した分厚い書籍が2冊ある。「戦友」「時代の跫音」。父は読んだのだろうか(おそらく読んではいないと思う。以前に太平洋戦争の書籍を持って行ったが、全く寄せ付けてくれなかった、戦争の事を一切話さなかった父)。普段の生活をするのに不具合を感じないのでそのままにしてあるが、重くて読む気もしない書籍である。何が書かれているのか全く知らない。
十両照ノ富士今日も負けて3連敗、やはりあかんのかな。
トランプは本当に馬鹿だ。イスラエルとパレスチナの争いをあおっている。アメリカの大統領は自分が信奉している宗教が有ろうが、世界平和を第一に考えるべきだろう。イラン対応もそうだ。地球温暖化防止活動もそうだ。すべて我儘おぼっちゃんとしか思えない。自分の考え方しか見えない。
管理人さんのブログから色々な情報が発進されている。IAさんは腰痛で苦しまれているが、野菜菜園、盆栽、料理、釣りとか色々と頑張っておられている、というニュースを聞くと、人それぞれ興味を抱くのは違うのだなあと思う。IAさんは多種多彩で本当に強い人なんだと、思う。それに比べたら自分は毎日だらだらと残りの人生を過ごしている、そんな人間に思えてくる。そうなのか?そうなんだろうな。何か悲しくなる。しかし、本当に、そうなのかねえ。

5月16日(水)
風は無く気持ちのいい朝だった。
つばめの巣は完了した模様だ。これからは巣床の藁敷き、そしていよいよ産卵となる。今回は何羽孵るだろうか、楽しみだ。つばめの巣をそっと見ていたら子猫の鳴き声が聞こえ、じっとしていたら野良猫の親猫と三毛猫模様の子猫が隣家の庭に出てきた。写真に撮ろうと思えど手元にコンデジ無し。二匹はすぐにいなくなった。子猫の鳴き声は実にかわいらしい。
映画「キングコング対ゴジラ」を観たが、全くあほらしい映画だった。登場人物も大根役者ばかりで観ていられなかった。筋書きも特撮も稚拙そのもの。よくこういう映画が作られ放映されたのか不思議に思う。だが、何故「ゴジラ」に興味を持つのかが分からない。昨日はアメリカ版の「GODZILLA2」を観た。確かその前にもアメリカ版の第一作目のゴジラが放映されていた。これは再度観たいと思っているのだがなかなか見つからない。
今日は室内も暑かった。扇風機を出した。エアコンは近々クリーニングしなければいけない。
最近、自分はおかしくなってきているのじゃあなかろうか、と時々思う。時事については都度関心を示し意見も持つが、普段の自分の生活に対して、意欲が全く感じられない。直近で言えば、裏のおばさんに我が家の庭の雑草を刈ってもらったことに対して、感謝はすれどフォローをする気が全く起きない。通常なら刈られた庭の残った小さな雑草を引き抜いて整理するだろう。ところがそういう気は有ってもそうしないで、除草剤を撒いてOKと納得する、このおうちゃくきわまりない根性。自分ながらにあきれ返っている。今、気持ちで落ち目の時期なのだろうか、と思う。
IAさんは釣りに行ってきて色々楽しんでおられる報告が有った。しかしだよ、私にはねえ、何もない。
照ノ富士は休場だとか。左ひざを徹底的に直して再挑戦すべきだろう。十両どころか幕下に陥落となる。まあ栃ノ心は幕下48枚目(?)まで落ちて這い上がってきたとか。頑張ってくれえ。

5月17日(木)
風は無く気持ちのいい朝だった。
母に会ってきた。顔色は良く元気そうだった。自分を見てにっこりとほほ笑んでくれた。口数は少なくなってきている。ベッドに寝込むようになって約5か月が経つ。同室の人がまた一人いなくなっていた。4人部屋で今は母を含めて2人のみ。
明日は父の月命日だが、今日墓参りをしてきた。先月の花は裏のおばさんが片付けてくれたようだ。
日大アメフト騒動は全く異常な出来事。こんなことがまかり通ったらスポーツはお終いだと思う。日大はアメフトから撤退すべきだ。関係者も全て引退。聞けば聞くほど腹が立つ。
西城秀樹が急性心不全で亡くなった、63歳。声量が有って歌は抜群にうまかったがあまり好きな歌手では無かった。48歳の時に脳梗塞を患い、その後も再び脳梗塞を患うと言うように体調は良くなかったようだ。
京大の立て看板撤去問題は今も続いているが、看板を掲げてどんな不具合が有るのか理解できない。景観が悪いと言う口実だが別に悪くもない、面白いと言う住民もいるだろうに。校内ならいいのじゃあなかろうか。若者は意見を多いに発散させ、世間にアッピールすべしと思う。

5月18日(金)
風は無く気持ちのいい朝だった。
ここ最近玄関引き戸の締まり具合が悪いため、以前お世話になった改修工事会社に連絡を取り、見てもらった。戸車を交換すれば直るとは思うが。ついでにと言って、台所の床の一部が緩んでおりそれも見てもらった。
午後につばめのめずらしい光景を見た。巣に入っていたのは雌だと思うが、その雌に2羽のつばめが群がってしきりに鳴いて飛び回っていた。こんな光景は初めてだ。決まったつがいに1羽の雄がちょっかいを出しているようだ。
今日は父の月命日でおっさんが来られ念仏を唱えてくれた。おっさんの後ろに座り自分も念仏を唱えるもかすれかすれで声がいくらも出ない。
夕方競馬新聞を買いにコンビニに歩いて行った。風が吹いていて気持ち良かったが、暑かった。汗が出た。途中久しぶりに午後の散策気分で花等写真を撮った。今、つばめの写真を撮っているが、見直して見るとピントは合っていなくひどいもので、ただの記録だけになりそうだ。ほんとへたくそだなあと思う。

5月19日(土)
雨上がりで風は有り寒い朝だった。歩き初めの時は少し雨が降っていた。今日はエアコンのフィルター掃除。あまり埃は溜まっていなかった。三脚にまたがっての作業、怖かった。
アメリカの高校でまた銃撃事件、10名死亡。米国ではこのような事件は無くならないだろう。
藤井聡太君、7段に昇段。すごいことだ。
刃物殺傷事件が連続して起きている。物騒なことだ。
イギリスのロイヤルウェディングだとか。おめでとうさん以外はあほらしい。何でイギリス人こんなに彼らの結婚に興奮するのだろう。昔の搾取人種の末裔なんだろう?
ネットカフェ殺人なんて訳の分からんことが起きている。恐ろしい事だ。

5月20日(日)
風が強く寒い朝だった。朝丘雪路が亡くなった。82歳、アルツハイマー型認知症だとか。今日も競馬途中で眠ってしまったようだ。オークスも見落としてしまった。つばめは卵を産んだようで温めだしたふうに見えた。

5月21日(月)
風が少し有り寒い感じの朝だった。
午前中はつばめを見かけなかった、ということはまだ卵を産んでいないということか。午後も見かけなかった。つばめはどこに行ってしまったのか。夕方に覗いたら巣に帰って来たようでごちゃごちゃ動いていた。いよいよ産卵かも。
今晩もまた親子丼の具。美味かった。実に簡単でいい。
両陛下の肖像画、どんな意味が有るのかねえ。テレビ画像では実にうまく描けていた。

5月22日(火)
風は無く気持ちのいい朝だった。
母に会ってきた。元気は余り無かったがにこにこと笑っていた。少し話しかけてきたが内容は理解できなかった。帰り際手を振ったら「さいなら」と言った。えっと驚いた。
今路上駐車している道路脇の草刈りということで駐車禁止にされた為、車を日中止む無く家に止めた。つばめの巣が猫に襲われる危険が高いがやむを得ない。夕方にまた路上に戻した。
腹立つことが立て続けに起きている。加計学園、日大アメフト。両大学とも腐っている。日大の加害青年は正直で好青年だと思った。悪いのは監督とコーチ連中。こいつらスポーツ界から永久抹消だ。加計学園問題もええかげんにしてもらいたい。大人の世界は昔からもそうだが、魑魅魍魎としたいやらしい連中がいる。安倍がまさにその真ん中にいるのだろう。いけしゃあしゃあと生きている。

5月23日(水)
風は無く気持ちのいい朝だった。昼から雨降りとなった。つばめはちゃんと卵を温めているようだ。
除草剤を撒いた庭は効いているようで赤茶けてきた。以前にシルバーセンターの人から聞いた、除草剤を撒いたあとしばらくは効果が見られるけれどその後は??さて今回はどうなるのだろう。勿論除草剤1回撒いただけで雑草が生えてこないなどとは思っていない。まあ定期的というか都度撒くことにしないとまたまた雑草が生い茂ることになるだろう。

5月24日(木)
風は少し吹いていたが気持ちのいい朝だった。昨日は寒い日だったが今日は暖かい1日だった。つばめは順調に卵を温めているようだ。
昨日日大アメフト部の前監督とコーチが記者会見しその内容があちこちで報道されていた。醜いなあと思った。こういう連中にこれまで指導を受けてきた学生たちがかわいそうだ。日大の広報部も同じような感じ、ということは日大経営陣そのものが信頼できないということになる。今の政権も全く同じだ。実に醜い。
大相撲、白鵬・栃ノ心戦、迫力あった。栃ノ心が勝った瞬間思わず拍手喝采。

5月25日(金)
風は無く気持ちのいい朝だった。今日は違うルートを歩いた。少し起きるのが遅くなり、周りは明るくなっていた。
今日は定期的な内科検診。先月行った血液検査結果は芳しくなかった。これで3回連続で悪い。何故なのか良くわからない。その前はずーっと悪くない数値だった。今日も採血をした。
国会では働き方法案、特に高度プロフェッショナル法案でもめているが、与党は強引に裁決をする模様だ。世にはばかるブラック企業にこの法案は利用されて、過労死があちこちで頻発するのではないかと危惧する。なんせ残業代ゼロという信じられない法案である。こんな法案を安倍はよく出すよなあ。企業も企業だ。こういうひどい法律が成立するという時期で、与党は何を考えているのか。
アメリカのモーガン・フリーマンが8名の女性からセクハラ行為で訴えられたとか。インタビューで、「不快な思いをさせたのなら謝りたい。ただ、決してそうするつもりでは無かった」と答えたそうだが、大笑いした。「そうするつもりでは無かった」だそうだ。
愛媛県の記録について安倍は否定しているが愛媛県知事はこのように発言している。「よほどこれが事実だと困る人がいるのかなと。正々堂々とやりましょうと呼びかけたい。」いくらそういういちゃもんつけても、何事も正直、真実というのを覆すことはできない」と強調したそうだ。言っていることが正論だと思う。

5月26日(土)
風は無く気持ちのいい朝だった。ウォーキング出掛けにつばめの巣を見たら、つがい2羽が眠っていた。昨日までは1羽のみだった。
数日前に「テイエムオペラオー」(G1、7勝)が22歳で死亡したと聞いたが、今日彼の献花台が競馬場に設けられたとか。いくつか思い出すレースが有る。しぶとく最後には勝ちあがるという馬だったと記憶している。今日も競馬、途中で眠っていたようだ。最近しょっちゅう途中で眠ってしまっているが何故なのだろう。睡眠時間はちゃんと取っているのに。今日は暑く扇風機をかけた。これからずーっとだろうな。

5月27日(日)
風は無く涼しい朝だった。今日はクリーンキャンペーン。朝8時からだが自分は6時に家の周りの草刈りごみ取りを行った。
ダービーは完敗。良いと思った馬は惨敗。なかなか勝てないものだ。勝った馬は5番人気、福永祐一騎手ダービー初勝利、おめでとう。国家斉唱はさだまさし、昨年は北島三郎で声が出なく、なんじゃいと思った事を思い出した。
大相撲は鶴竜が優勝、栃ノ心は今一歩で残念だったが、来場所は大いに期待したい。
晩飯を食うのを忘れてしまった。

5月28日(月)
風は少し有ったが気持ちのいい朝だった。今日はいつもとは違うルートを歩いた。
資源回収日、誰も手伝ってくれず、降ろすのに時間がかかった。最近は皆さん早く来られる。以前は自分が一番だったのに。
映画「スターウォーズ最後のジェダイ」を観た。結構慌ただしく筋を追いかけるのに大変だったし、字幕も半分くらいしか追いかけられなかったが、面白かった。次回に続く終わり方だった。
つばめはどうしたんだろう。今日ずーっと見かけない。卵を産んで温めているはずなのに。親鳥に何かが起きたのだろうか。巣は外観上変わらない。
晩飯はシャケの塩焼きだったが3分の1位食べた時点でギブアップ。食が本当に衰えてきたと実感。また明日も今日の残りのシャケか。

5月29日(火)
風は無く涼しい朝だった。
以前に管理人さんから依頼された神社の狛犬の写真を撮り、送付したら今日本が送られてきて、投稿した自分の写真が3カット載っていた。
森友・加計疑惑もこのままうやむやで終わる気がする。野党の力不足がはっきりしてきた。どうも時間の浪費だった気がする。安倍政権への不信は非常に強いが。それにしても自民党の議員は不信感を持たないのかねえ、不思議でしょうがない。同じ国会議員だろうに。国民の為に働いているのだろう。安倍の為に働いているんじゃねえよ。
スーパーに行っても、テレビコマーシャルを見ても腹立つ、果物が実にうまそうに展示されている。くそー、自分は食べてはいけない、果物は毒、果物は糖分、砂糖そのものという、悲しいことだなあ。
高齢者の運転について、ここ知多では他に支援者がいない場合は止められないだろうと思う。少なくとも自分はそういう環境に有る。自転車でスーパーに買い出しに行けないわけでは無いが全く厳しい環境になる。向かいのおじいさんは何年か前に亡くなったが、亡くなる寸前まで自動車を運転されていた。田舎では車が無いと非常に生活が厳しくなる。

5月30日(水)
風は無く涼しい朝だった。今日は雨降り。久しぶりに室内の掃除をした。
明日は埼玉のカミサンがこちらに来る。祖父の37回忌、祖母の33回忌は明後日。カミサンがここ知多に来るのは昨年の6月にわたしの古希のお祝い以来となる。約1年ぶりの事だ。まだまだこの生活状態が続くのだろう。老人ホームでお世話になっている母が今亡くなったとしても、3回忌まではここで生活することになろう。ということは最短で2年ということ。72歳になってしまう。長男の宿命かも。今日も昼間つばめは巣にいなかった。まだ卵を産んでい無いようだ。今までにない状況。

5月31日(金)
風が有って寒い感じの朝だった。満月が出てきたがあいにく雲が多く良く見えなかった。午後近くから雨が降り出した。
午後にカミサンが来た。晩飯は久しぶりのすき焼きとなった。明日はカミサンと一緒に母に会いに行ってそののち祖父母の法事。法事の後はおばさんと3人で昼食の予定。
マージャンプロの小島武夫が82歳で亡くなった。心不全だったそうだ。ついこの間まで麻雀番組に出ていたのに残念だ。彼があがった「九蓮宝燈」(チューレンポートン)は迫力満点だった。麻雀人生で一生に一度あがれるかどうか分からないと言われる役満。
また1か月が過ぎた。毎回思うことだが、身体の衰えと共に月日の経つことの速さ。あっという間に80歳になってしまう。今月もこの気まぐれ日記を書き上げることが出来た。来月はどうなるのかは分からない。

※管理人・来月もよろしくお願いしまーす。m(__)m







[ 1 - 5 件 / 1252 件中 ] 次の5件 >>