5/27 更新しました
 
2018/05/27 21:12:57|名古屋のチラシ 
名古屋のチラシ 2

日本妖怪伝 サトリ  (1974) A4 七ッ寺共同スタジオ ザラ紙
他地域でもホール上映がメインと思われるマイナー映画
基本的なレイアウトは共通
 

いまできること 芦北学園の子供たち  (1980) ミリオン座 ツル紙
自主製作映画、こういう映画は商業ベースの劇場にかかるも短期間公開が多い
また、公開地域によって独自のチラシが作られる傾向が多いのも特徴
 

パンツの穴/生徒諸君!  (1984) B5片面 岐阜松竹地下劇場 ツル紙
菊池桃子と小泉今日子、今思えばなんと豪華なセットか
先日、「パンツの穴」のデジタルリマスター版を観た
劇場での初公開以来なので実に34年ぶりなのだが、今でも傑作だと思う
当時よくこんなの作れたなとしみじみ感じるが、まだまだ規制も甘い頃
ウンコネタ、下ネタ満載ながら切ないシーンもグッとくる演出は鈴木則文監督ならでは
 
 
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲  (1987) B5片面 名古屋東映他 ザラ紙
たまに東映の片面チラシが出てるのだが、劇場置きなのかどうなのか正直出どころがよく判らない
民音の配布とも考えられるのだが(寅さんシリーズも民音配布の別柄があったりする)、よそでこのタイプを見たことがないので一応名古屋のチラシということで
 







2018/05/06 20:59:26|名古屋のチラシ 
名古屋のチラシ 1

地元名古屋の劇場とその周辺地域(主に岐阜)で作られたチラシを思いつくままにご紹介していきます。

全国版とは明らかに別柄の物、全国版に似てるけどよく見りゃ違う物、タイアップ・キャンペーン物、ホール版、特集物がメインです。
加筆のある物は物によりますが、数が無数にあるので基本割愛します。

長年やろうと思ってましたが、思ってるだけでは一向に前に進まないのでランダムに上げていこうと思います。

収集される上での参考になれば幸いです。



13日の金曜日 PART3  (1983) 
A4片面 毎日ホール劇場
手作り感いっぱい、紙は薄いザラ紙で変色しやすい


ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!  (1983) 
短冊 駅前プラザ劇場
割引券と間違えやすいけど一応変形チラシ、他の地域では見たことないのだが
 リバイバル版

タイタニック  (1998) 本公開は1997年
B4片面 岐阜中濃地区ホール版
まだシネコンが無かった地域なので必然的にホール上映となる 割引券付き


メフィスト/嘆きの天使  甘い生活  (1982) 
ミリオン座
チラシ大全集にも載ってます







2018/01/07 15:25:50|外国版チラシ 
オーストラリア版チラシ
海外版にも色々ありまして、たまには韓国版以外のチラシも
すべてオーストラリアの映画チラシです
 
 
 
一命 (2011) A5 HARA-KIRI: Death of a Samurai
サムライ、ハラキリはもう外国でも通用する言葉になってる感があります
それにしても3Dとは・・・
 
 
 
恋するパリのランデヴー<未> (2012製作) A5
日本では劇場未公開、DVDスルーのようです
ソフィー・マルソー、いい女になったが画像見てると口裂け女を連想してしまう
 
 
ブランカニエベス (2013) A5
日本版チラシと同デザイン、モノクロに紫の文字が印象的
 
 
 
ランナウェイ/逃亡者 (2013) A5・3面折  THE COMPANY YOU KEEP
日本版と似てるが、レッドフォードとシャイア・ラブーフの顔だけの構成、コラージュ画像なしでシンプルなイメージ
 
 
 
イノセント・ガーデン (2013) A5  STOKER
日本版とは全くの別柄だが、抽象的すぎて何の映画かよくわからない図柄
ニコール・キッドマンの顔が怖いので、辛うじてミステリかと判る
 
 
 
ハッピーエンドが書けるまで  (2015) A5
これも日本版とは全くの別柄、ジェニファー・コネリーもさすがに老けた
自分も同様に老けたのだけど・・・
 







2018/01/02 10:57:26|その他 
謹賀新年
とりあえず年初め恒例のご挨拶でございます。

ハートに火をつけて (1991) 
アスキーベストロン映画株式会社 関係者向け挨拶ハガキ 両面
「キャッチファイヤー」は、まだ正式タイトル決定前

仔鹿物語 (1991)
東宝株式会社 関係者向け挨拶ハガキ 両面

タンゴ/パリ、夜は眠らない。 (1993)
アルシネテラン・ディビジョン 関係者向け挨拶ハガキ 両面



2018年、今年も宜しくお願いします。
 







2017/12/24 22:51:12|その他 
とりあえずメリークリスマス
東京国際ファンタスティック映画祭90
関係者向け挨拶ハガキ 両面


気がつけばあっという間の年末であります。
今年も年頭に於いて、あれとこれとやろうと、こういうのもいいなと思いつつも一年が終わろうとしてるのだけど、結局ほとんど何もやれてない。

毎年こんな感じになってきてるのだが、今年は特に仕事で出張が多く、ブログどころかチラシ収集すら満足に出来ずである。
どうしても趣味より仕事が優先になってしまうのは仕方ないが、正直休みの日に劇場をまわるのがしんどいのもある。
昔はこんなんではなかったんだけどなぁ・・・
チラシへの情熱も気力もあるつもりだが、如何せん体が若い時とは違ってきてるのも確かで、体力の衰えも自覚してきてる今日この頃でありますね。

休みの日、ブログでもと思っても画像のソースになるチラシを探すので疲れてしまうので、結局何も出来んまま終わるという。
まぁ、無理なくマイペースでやってきますとしか言いようのない感じでありますが、来年は地元の映画館回顧録とか、出張先で見つけた映画館探訪記とかもやろうかねと考えてます。

あれもこれもと考えても毎年結局形にならないけど、あと割引券ギャラリーとかも前からやろうとは思ってるんですが。
出来るだけ形になるように頑張ってきますんで宜しくお願いします。


あと、個人メールアドレスが変更になりました。
こちらでお世話になってます、紀住様、韓国のKIM様、
メールフォームからご一報いただけると助かります。







[ 1 - 5 件 / 170 件中 ] 次の5件 >>