宮ちゃんのブットバシテいこう!

こちらは、宮崎恵治の個人のホームページです。
 
2018/05/20 22:53:24|その他 
宮ちゃんのブットバシテ行こう!vol.4664
5月20日
昨日の非戦を選ぶ演劇人の会の同時多発ピースリーディング「すべての国が戦争を放棄する日」は、僕の中でも大きな刺激になった。この石原燃さんの戯曲の力も、あるからね。だから、今日朝起きると、これからを考えてしまう。どうなるんだ、どうするんだ。8時に起床して、いつものように炭酸水を飲むのだが、考えてしまう。そして、家を出る。バイト。日常。10時30分から16時30分まで。そして、バイトで使うユニホームを買いに新宿三丁目。買って、新宿三丁目から御苑まで、街をプラプラ歩く。18時30分帰宅。そして、DVD鑑賞。

「日本やくざ伝 総長への道」
製作年1971年
上映時間99分
監督 マキノ雅弘
原作 藤原審爾
脚本 高田宏治
キャスト 高倉健 若山富三郎 鶴田浩二 松方弘樹 近衛十四郎 大木実 玉川良一 野川由美子 嵐寛寿郎 遠藤辰雄

やっぱり、この時代の任侠映画にかぎる。面白い。ただ、今回の話は、恋愛的なものが、組み込まれていて、そこが、どうなのかなと疑問に思ってしまう。久しぶりの親子共演の近衛十四郎と松方弘樹を観た。鶴田浩二が、また良くてね。相変わらず、若山富三郎の死に方は、笑ってしまう。遠藤辰雄の悪は、本当にいい。そして、高倉健。映画館で見ていたら、きっと「待ってました健さん!」と声がかかるだろう。鶴田浩二との一騎打ちは、よかったな。お薦めです。

そして、21時に夕食。

さてと、やらなければいけないことが、少しある。まあ、少しずつ少しずつ前に進めて行こう。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。