お茶の神立園(かんだちえん) 東京の下町・西新井、お大師様の街のお茶屋です。

地元の皆様に可愛がっていただき50余年。東京の下町・西新井、お大師様の街のお茶屋です。 日本茶インストラクター・神立英男がおいしいお茶をおとどけいたします。
 
2018/04/25 12:35:02|その他 
南伊豆フリー乗車券
南伊豆に旅行するなら、断然南伊豆フリー乗車券がお得です。

東京から下田まで行くならば、往復7780円かかります。(普通乗車券)

ところが南伊豆フリー乗車券なら、往復6160円なのです。

1620円もお得になります。

しかも石廊崎堂ヶ島まで行ける東海バスにまで乗れちゃうのです。

有効期間は指定乗車日より2日間。

JR東日本主要駅の指定席券売機みどりの窓口びゅープラザなどで買えます。

ただし当日では買えなく前日までに購入しなければなりません。

札幌会の皆さん、お忘れなくお買い求めください。

ユウジ君、これなら貴君が行きたかった堂ヶ島にも行けるね。







2018/04/24 11:02:00|その他 
スーパービュー踊り子号の個室
5月の下旬、高校大学時代の友人4人と伊豆・下田への旅行を計画しています。

家内と一昨年行き温泉は素晴らしかったのですが、往復、普通の踊り子号だったので

何の変哲もない道中でした。

しかしその後、スーパービュー踊り子号は格段に車内も眺望もいいことを知り

しかもグリーン車には個室もあり、4人で乗れば特急料金より1,300円高いだけ

ということで、友人4人で伊豆・下田へ行くことになりました。

でもネックは1編成で個室は3室しかないということです。

しかも当日は下田最大の黒船祭が行われます。

こいつは競争率高そうだなあと、ちょっと尻込みしつつ

先週末、北千住駅のみどりの窓口に並びました。

前日、K氏からは「健闘を祈る!」とメールで励まされていました。




しかし、北千住駅に行ってみると駅職員が

「個室3つとも空いていますよ。どこがいいですか?」とちょっと拍子抜けする返事。

気合を入れて出かけたのですが、まあ取れて一安心。

帰りに普段は飲まない駅のジューススタンドで、プチご褒美に生野菜ジュースを1杯。

さあ、5月は久し振りにゆっくり温泉に浸かるぞぉ。







2018/04/23|その他 
金谷産新茶、本日お昼頃入荷予定。
いよいよ静岡県金谷産新茶が本日入荷いたします。

弊店の契約農家である茶芯会(さっしんかい)の新茶です。

このブログでもたびたび紹介させていただいていますが

茶芯会茶師・一言繁男氏がリーダーの篤農家集団

とても互いに厳しく茶作りをしています。

金谷というところは東海道五十三次宿場町

大井川の渡しで有名なところです。

朝晩の寒暖の差が激しく良質なお茶が取れるところとしても有名です。

一言氏の性格通り、味のしっかりとした茶を生産しています。



本日までで弊店で販売している新茶は

〇静岡産初摘み新茶《特選》  100g2,160円(税込)

〇静岡産初摘み新茶      100g1,620円(税込)

〇静岡産新茶《吉野》     100g1,296円(税込)

〇鹿児島産新茶(ゆたかみどり) 100g1,080円(税込)

※鹿児島産新茶以外、100g以下の少量でも量り売りいたします。


 







2018/04/19 13:58:00|その他 
掛川産新茶売り始めました。
本日19日から静岡県掛川産新茶売り始めました。

昨日収穫した出来立ての新茶です。

この新茶は掛川市上内田にある佐々木製茶という大手の製茶問屋さんのお茶です。

佐々木製茶には契約農家が50数件もあり、きめの細かい栽培技術をしています。

それぞれの茶畑に行くと、黒板にどんな肥料を、いつ、どれだけ施したか

記載されています。

そして佐々木製茶の研究室で、土壌検査茶の窒素含有量放射能検査まで行っているのです。

ですから佐々木製茶で生産される新茶は、味、香りともとてもバランスよく

仕上がっています。

今年の上内田の丘陵地帯は、朝晩の寒暖の差が激しく

とても香り高く、旨みのある新茶に仕上がりました。

御前崎の丸御同様、とても良い新茶ができました。

どうぞこの機会に新茶をお試しになってはいかがですか。

100g単位でなくても、少量から量り売りいたします。



〇掛川産初摘み新茶《特選》 100g2,160円(税込)

 







2018/04/17 11:10:46|その他 
弱者の戦い
野村元監督は、弱者の野球とよく言っていました。

金に余裕のあってFAで大物選手を引き抜く巨人、阪神に勝つには

現有戦力で何とか頭(ID)を使って戦うしかないというのです。

他球団でお払い箱になった選手を拾ってきて育てる

「野村再生工場」と言われることもやってきました。

青木が帰って来たからといっても、

ほとんどのスワローズファンは全然優勝できると思ってはいません。

Aクラス入りも難しいでしょう。

ただ、弱くても必死になって戦って欲しいのです。

どこかのチームのように、バカスカホームランを打って勝つことは無理なのです。

今年からの小川・宮本体制も、ノーヒットで1点を取る野球を目指しています。

案の定、先の巨人戦で、山田が四球で出てすかさず盗塁、

西浦がバントで3塁に送り、バレンティンが内野ゴロで1点先取いたしました。

お陰で弱い先発投手も落ち着いて投げられます。

幸いにも巨人に3タテ(3連勝)できました。

私は山田を1番より3番の方が得点力がアップするのになあ、と思っていましたが

小川監督の意図がよく分かりました。

オールスターまでは何とか5割で上位球団に付いて行ってほしものです。

そうすれば昨年のように、96敗みたいに残念なことにはならないでしょう。







[ 1 - 5 件 / 264 件中 ] 次の5件 >>