趣味のオーディオ三昧

モニター用スピーカー ダイヤトーン 2S3003と自作の無帰還2A3プッシュプル真空管アンプの組み合わせで 「オーディオ三昧」好みの心地よい音楽を楽しんでいます。また カメラをぶらり下げて「カメラ散歩」や探鳥の旅に全国へ出かけています。
 
2016/06/02 13:02:00|トップページ 
   ようこそ!オーディオ、野鳥&ぶらカメラ へ
              <豪華 漆塗りスピーカー&漆塗りアンプ>      
-------------------------------------------------------------------------------------------
      

■■ 新掲載、更新情報 ------< 写真をクリックすると拡大します >------⇒ 【全記事一覧】
8月16日...豪華 漆塗りスピーカー&漆塗りアンプ
7月28日...我が家の パトロール カエル
7月11日...小型VU計を作る
6月26日...ステレオカートリッジでモノラルレコードをモノラル再生する箱
5月12日...川口オーディオクラブ 2018年春のセミナー開催
4月28日...出力トランスの音の比較で大痛感
3月27日...六義園の枝垂れザクラも根元は花じゅうたん に
3月19日...六義園の枝垂れザクラ
2月12日...MJ誌 上野氏による管球アンプ勉強会開催
1月23日...雪の六義園
1月7日...日にちが経った食パンを美味しくする法


■ オーディオ三昧............... ⇒ 【記事一覧へ】........... ⇒【マイオーディオ
豪華 漆塗りスピーカー&漆塗りアンプ
小型VU計を作る
・ステレオカートリッジでモノラルレコードをモノラル再生する箱
川口オーディオクラブ 2018年春のセミナー開催
出力トランスの音の比較で大痛感
MJ誌 上野氏による管球アンプ勉強会開催
・MJ誌ライター上野氏、5台のアンプ発表
・シャントレギュレター
蓮田オーディオクラブ競技会優勝アンプ
・久しぶりにレコードを回す
・アンプの音の比較
・超お世話アンプ Ver2
LM3886 ICステレオアンプ製作
CDプレヤー用 真空管出力アンプ製作
ベストセラーの小さなモニタースピーカー 三菱 AS2051

      
■ 野鳥&ぶらカメラ ...............⇒【記事一覧へ】
我が家の パトロール カエル
六義園の枝垂れザクラも根元は花じゅうたんに
・六義園の枝垂れサクラ

雪の六義園
嘴が凄い クロツラヘラサギ
・コウノトリも日本各地に
不忍の池に今シーズン初の渡り鳥到着
今年も孵りました
日本固有種の野鳥
雹(卵大)がドシャ降り
発見 本当の混浴露天風呂
・野鳥じゃないんだってさ

■ 電子工作 .............................. ⇒【記事一覧へ】
・ハンダゴテ用自動電源切り器 工作机用
・ハンダゴテ用自動電源切り器
・飾りのミニ灯篭

■ 知恵、工夫.......................... ⇒【記事一覧へ】 
・日にちが経った食パンを美味しくする法
・メガネの曇り超スッキリ
・ハエ叩き いや 蚊叩きだよ
カラス 簡単撃退法/ゴミ袋の工夫

■ いろいろ.............................. ⇒ 【記事一覧へ】
・ダイソールアンテナ→格安
・9月1日 災害への備え品点検
・アマ無線もデジタル時代

■ オーディオ雑学  
・ダブルウーハーは並列が原側..............複数のスピーカーの接続は 並列が大原則。
・スピーカーの音はDF値で変わる........DFの違うアンプで 音を変え これも楽しもう
・44.1kHzCDのサンプリング周波数のルーツとツール...44.1KHzが生まれた意外なしくみ。
・1Wでも大音量で鳴ってしまった理由........アンプの出力とスピーカーの音量の関係を解説。
・ステレオ音源はモノラル音源にナラナイ........ちょっと分からない ような話だが、

■ オーディオ資料
・高低域降下周波数簡単計算     ・DF/PW/dB 換算表   
・アッテネーター減衰目盛り     ・アッテネーターの使い方
 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------

■ メンテナンス








2018/08/14 9:40:09|■ オーディオ三昧 
豪華 漆塗りスピーカー&漆塗りアンプ
  畳1枚の大きさの分厚い板に 本物の漆を塗ってしまった超高価スピーカーである。これは 物づくりの盛んな福島県三島町の「ふるさと会津工人まつり」に合わせて製作したもので 工人祭開催中 展示され 地元新聞でも紹介された。
 組み立て可能な箱には10個以上の平板スピーカーが取り付けられていて 見栄えもすこぶる良い。背面開放で分解して移動もできる。
 さらに これを 駆動する真空管アンプの箱も漆塗りだ。出力管は845、 輝いて綺麗だ。
 肝心の音だが 大きさとは 裏腹に 大きな音を出してももうるさくない、とても爽やかで、いい感じである。
 見栄えも良いし平板スピーカーの効果であろうか 独特の爽やかな音色から 喫茶店用の音として最適、等と思ってしまった。


 







2018/07/28 18:06:00|■ 野鳥&ぶらカメラ 
我が家の パトロール カエル
 都内の我が家の庭には このカエル君が常駐してくれていて 夕方暗くなってくると毎夜 庭の方々を「パトロール」してくれる。
 でも 敷石の上に居すわることも多々あり、住人は蹴飛ばさないようにと 懐中電灯を照らしながら歩いている。
 今日は 台風の影響で、雨が降っていたた為か 明るい昼間から もうお仕事、人がまたいでも 全く気にもせず 行石の上で長ーらく休憩していた。
 







2018/07/11 9:14:28|■ オーディオ三昧 
小型VU計を作る
 ステレオを聴く上では 特に必要無い物のだが、40年程前の小型の双針型VU計があったので 懐かしさもあって これを小さな箱に入れて 針の振れ?? を楽しめるようにした。
 接続は プリアンプやEQアンプの出力を想定、そこでメーター駆動アンプを内臓させてある。
 VU計は 駆動インピーダンスが厳密に決められているので メーターアンプの出力側で この規定に合わせている。もし 合わせない場合 0.3秒で0VU指示とはならずに 針が行きすぎるなど 針の振れ方が違ってしまうし 目盛りもずれてしまう。 
 VU計は 今でも 唯一の音量計だが、昔ベル研究所等で厳しく決めた規格を満足する"本当のVU計"は BTS規格品のVLー35ぐらいで非常に少ないらしい。ここで 使った このメーターも 厳密には満足したものではないだろう。 
 このようなメーター駆動アンプを付ける場合、電源を入れた瞬間 針が振り切れて曲がる恐れがある。アンプを2電源すると軽減できる。
 







2018/06/25 11:09:00|■ オーディオ三昧 
ステレオカートリッジでモノラルレコードをモノラル再生する箱

 最近 レコードを再生して楽しむ事が多くなった。この時 数はとても少ないのだが、モノラルレコードを聴く事がある。
 だが ステレオカートリッジを使っているので 音楽はスピーカーの真ん中近くから聞こえるが 針等等のレコード雑音は 左右のスピーカーから方向性をもって聞こえてしまういやや気になる。これらの雑音も 音楽と一緒に 真ん中から聞こえれば 音楽にマスキングされ それ程目だたないだろう。

 モノラルカートリッジを入手すれば 簡単により正しく解決できる事であるが、数枚のモノラルレコードの為に用意するのはもったいない。
 そこで カートリッジのL-CHの出力を アンプのLとR側に送り込む為の 小さなスイッチ箱を作った。

 実際 これを使ってモノラルレコードを聞いてみたが 普通に聴こえ 音色的にも違和感は感じられなかった。気になっていたノイズも音楽にマスキングされてグッド。
 
 モノラルレコードが 沢山作られた時代のイコライザーカーブは 各社まちまち と聞いているので、手持ちレコードのカーブを厳密に合わせながら 聴くことは実際出来ない。まずは これで十分であろう。
 
 箱は 手持ちに 3接点スイッチがあったので カートリッジのL-CHをスピーカーのL/Rに と スルー(ステレオ)。カートリッジのR-CHを スピーカーのL/Rに 加えられるようにした。

 この機能、目新しいものでは無く 業務用大型ミキサーには 50年前からも付いている。  







[ 1 - 5 件 / 371 件中 ] 次の5件 >>